ひみつ基地

2018年8月号 vol.66

命令や賞罰ではない!子どもが主人公のしつけの考え方~子どもの自主性・自発性を大切するしつけとは?

2018年08月13日 15:57 by Ryoji_Fujikashi

改めてしつけについて考えると、世の中には、子どものしつけに関する本や情報が氾濫していることに気がつかされます。子育ての正解は「これである!」という印象のタイトルやアドバイスがたくさんありますが、そもそもしつけに「正解」なんていうものはあるのでしょうか?

もちろん、脳科学的に証明されてきたこと、先人の経験値に基づく知恵は、とても参考になりますが、「わが家の子育て」に100%当てはまるとも限りません。わが家では、もうすぐ4歳と2歳になる兄弟が、食卓の上でオリジナルダンスを踊り、ご飯が手と口にいっぱいのまま布団の部屋にダッシュ&ダイブをして、お店でショッピングカートを自分で押すんだと激しく主張して兄弟譲らない中、妻と二人で声を荒げることもしばしば。子どもたちの「反社会的な行動」(?)に対して、どう「平和」を守っていくのか・・・。

仕事では、幼稚園でお母さんたちに向けて子育て相談、アドベンチャー教育ファシリテーターとして子どもたちの主体的な体験の場づくりをする立場です。自分がわが子に「しつけ」を伝える上で大切にしたいことを考えてみました。

「自主的・自発的」というのがしつけの大切な鍵

まず、そもそも「しつけ」とはなんでしょうか?


しつけ【仕付け・躾】
1.礼儀作法をその人の身につくように教え込むこと。また礼儀作法。
2.裁縫で、縫い目や折り目を正しく整えるために、仮にざっとあらく縫うこと。また、その糸。
3.田畑に作物を植え付けること。
4.作りつけること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)


英語の“Discipline”には、しつけの他に、訓練、鍛錬、抑制、規律、懲戒、折檻などの意味が含まれます。しつけを「教え込むこと」とすると、訓練や規律的なニュアンスが強くなる印象です。一方で、子育て協会のホームページには、「しつけとは、その子にどう育ってほしいのか、何を身に付けてほしいのか、家族や社会が期待していることを、その子が自主的、自発的に動けるよう教えていくこと」とあります。この「自主的・自発的」というのがしつけの大切な鍵になるのではないでしょうか?

子どもの自主性を大切にするしつけとは?

「ごめんなさいは?」「おもちゃを○○ちゃんにも貸してあげなさい」のように、親から「指導」されて変わる行動は、物事の本質が理解されません。「アイス買ってあげるから」「おやつ抜きよ!」のような褒美や罰などの外発的動機付けでは、自主性は育ちません。では、子どもの自主性を大切にするしつけのために、私たちが親として大切にしたいことはなんでしょう?

1.行動で見せる

シュタイナー教育では、母国語を学ぶのと同様に、子どもは大人の姿を見て、模倣行為を通して家事や社会的なマナーを学ぶとされています。子どもがおままごとで作る料理、調味料の使いかた、「ちょっとだけ味見~!」という言い方一つとっても、私たち親のモノマネです。親が家庭内で大切にしたいマナーや生活習慣を、まずは自ら実践している姿こそ、一番のしつけなのではないでしょうか。

ご飯を食べるときにきちんと座って「いただきます」と言う。食べたら片付けて机を拭く。間違ってぶつかったら「ごめんね」と謝る。朝「おはよう」と言う。服を脱いだら洗濯カゴに入れる。わが子が、自分を見て学んでいると思うと、親として少し背筋をピンと伸ばしたくなります。

2.余白を残して伝える

伝え方は様々ですが、親から子へ「指示する」場面は日々何度もあります。「おもちゃ片付けて!」「座って食べて!」その際に、断られる余白を残したらどうでしょう。「イヤ!」と断られた場合、「一緒に片付けよう!」ともう一度誘ってみる。もしくは、親がやって見せてしまう。親がおもちゃを片付けている姿を見て、子どもは片付け方を学んでいます。そのうち、10回に1回、自発的に片付けるかも!?半年後に、急に自分でやるようになるかも!?

一方で「命令」には、断る余白がありません。これは、安全を守るため、時間がないなどの場面で使うことが考えられますが、子どもの自主性の成長はありません。しかも、「片付けなさい!」→「イヤだ!」→「やりなさい」→「イヤだ!」の無限ループに入る恐れありで、お互い疲弊してしまいます。一回許してしまったら、二度三度繰り返されるから、線引きをきちんとしてダメなものは必ず止めるという考えもありますが、発達に応じてやがてできるようになると信じて、日々伝え続けることも大切なのではないでしょうか。

受け取って実践するかは子どもの選択

昨年亡くなられた、児童精神科医の佐々木正美先生は、「子どもをしつけるには、遠回りに思えるかもしれませんが、まずは子どもの要求を十分聞いてあげることが大切」だと言っています。まずは、子どもの話に耳を傾け、欲求を満たし、親との信頼関係を日々紡ぐこと。この基本的信頼が育ってこそ、親の価値観を受け入れてくれるのではないでしょうか。

アドベンチャー教育のファシリテーターとして、私が信じていることに “People can never teach people”(人は人を教えることはできない)という考え方があります。これは、価値観や行動を選ぶのはいつも相手だということです。社会的なマナーとして、家族の価値観として、望ましい行動は伝えるけれど、それを受け取って実践するかは子どもの選択。子どもは、親の所有物ではなく一人の尊重されるべき人格であるということを忘れないようにしたいものです。

また、子どもの発達段階的に、自分のことしか見えていない2-3歳の子どもに「人に迷惑をかけない」という感覚は理解できないとするならば、しつけと称して、子どもがまだできないことを強要していることも多々あるかもしれません。科学的には、子どもが親から受ける影響は20−50%程度で、あとは遺伝子、友人、文化、親以外の大人からの影響だそうです。だとすると、親が子どもの未来を全て背負って「しつける」ということには無理があります。

家庭や身近な社会で大切にしたいことを、やってみせ、伝えながら、土に種を蒔き続け、願って待つ・・・機が熟したら、その花が咲き果実が実る。そのくらいの感覚でいたいものです。そんなことを考え、信じてみると、ふと子どもの「反社会的な行動」(?)をあるがままに見るゆとりと、少しの自信が生まれるような気がします。

と言いつつ、今日も息子たちに大人の都合をあれこれ「押しつけ(・・・)」そうになる自分・・・ユーモアと環境設定の工夫を武器に、日々是修行なり。

終わりに、道教(タオ)の教えの一部を抜粋してご紹介します。


「おどし、罰を与えれば、子どもを支配できる。同時に、子どもは恐怖を学ぶ。

ほめ、報酬を与えれば、子どもの行動を支配できる。同時に、子度は賞賛と価値のために外面を見ることを学ぶ。

あなたが、彼らのあらゆる動作、行動、決断を見張り、それが適切に行われたかどうかを確かめるなら、彼らは自分自身をつねに疑うようになる。

だが、支配や干渉なしに、彼らを愛し、導くことができるなら、彼らは自分自身を信頼するようになる」

引用:タオの子育て―子どもを育てる、親を育てる81章


矢切幼稚園主事・理事/ファシリテーター 藤樫亮二


● 本記事を書いた記者の記事一覧

<参考文献>

   

【参加者募集:プロジェクトアドベンチャー体験会】

プロジェクトアドベンチャー(PA)の活動(アクティビティとローエレメント、ハイエレメント)と核となる考え方をダイジェストで体験するワークショップです。PA体験会は、PAの活動や考え方のエッセンスを体験し、1日を通した参加者の関係性の変化を体感します。「PAって何だろう?どんなことをするのだろう?」と感じている方、活動の楽しさや効果、核になる考え方などについて知りたい方、ぜひ、ご参加ください!詳細は、下記のリンクからご確認ください。

対象 18歳以上(定員15名)
受講費 一般:5,400円(消費税込み)

2018年9月1日(土)兵庫県 嬉野大生涯教育センター
2018年9月9日(日)東京都 高尾の森わくわくビレッジ

関連記事

子どものイヤイヤ期に寄り添うために、トコトン大切にしたい4つのこと-その場しのぎにならない接し方を考える

2016年12月号 vol.46

子どもの成長過程に思春期や反抗期がある本当の理由-小手先のノウハウよりも知っておくべき一つのこと

2015年11月号 vol.33

子どもの仲間同士や親子の対立をちからに変える-お互いの考えを尊重し、意見が違うことを楽しむために

2015年09月号 vol.31

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年9月号 vol.67

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年7月号 vol.65

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年6月号 vol.64

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...