ひみつ基地

2018年10月号 vol.68

【求人情報・2018年10月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~放課後の教育活動、IT・プログラミング教育、挑戦する大学生のための学校、人材育成×不動産の地方創生、介護・福祉領域の若手リーダーの支援

2018年10月10日 18:22 by editorial_desk

志あるソーシャルビジネス・NPO・ベンチャー企業の求人情報サイト「DRIVEキャリア」から、今月も、さまざまな方法で子どもや若者たちの未来をつくるお仕事を紹介します。「今の仕事もやりがいはあるけど、もっと志を持ったおもしろい仲間たちと働きたい」「地元に帰って、子どもたちと関わる仕事はないものか」とお考えの方、どうぞお見逃しなく!

現場マネジメントの経験ある人求む!2019年新開設のアフタースクール責任者候補を募集!

オススメ求人その1は 放課後NPOアフタースクール(東京都)です。



「子どもたちの放課後を救え!」をミッションに、日本の放課後を安全で豊かなものにするために2009年より活動を続けている放課後NPOアフタースクール。学校を活用して、地域や社会の人たちが市民先生になるなど、「社会全体で子どもたちを育てる」環境づくりに取り組んできました。

今回の募集は、2019年4月、東京都世田谷区に新規開校する小学校内に開設するアフタースクールの現場責任者。もっとも求められるのは、テーマである「子どもたちが興味を持ったことにとことん探究ができる場」をつくること。学校内外にアンテナを張りつつ、子どもたちがそれぞれの好奇心を存分に発揮しながら探究できる場をつくることに力を注いでいただくことになります。

STEM教育、SDGsなど、これからの世の中を子どもたちが生き抜くために必要な力を養うための教育プログラムの企画提案も期待されるなど、新しいことに積極的に挑戦できる現場でもあります。

社会を巻き込みながら新しい放課後をつくってきた放課後NPOアフタースクールの今回のポジション。自分の思い描く教育を作って広めたい、子どもたちの放課後を楽しくしたいという方はお見逃しなく!

日本中の地方自治体×IT教育の力で新しい地方創生の形をつくる!担当者募集!

オススメ求人その2は ライフイズテック株式会社(東京都)です。


ライバルはディズニーランド。中高生にわくわくドキドキする「一生忘れられない時間」を届けるというライフイズテック株式会社では、中高生のためのIT・プログラミング教育を展開、2017年までに約2万人に学びの機会を与えてきました。ミッションは「中高生一人ひとりの可能性を最大限伸ばす」こと。

そんなライフイズテックが今注目しているのは、地方で暮らす中高生たち。ITを得意とし、行動を起こせる中高生を増やすことで、地域の中から新しいビジネスやサービスを生み出す可能性を創るという構想を練っています。

それを実現させるためにチャレンジするのが、ライフイズテックのリソースを活かしながら、各地方自治体とコラボレーションして、IT・プログラミング教育による新しい地方創生の形を創っていくこと。今回の募集は、その担当者として事業を推進する方となります。

まずは、地域の中でITを中高生に教えられる人材(大学生・専門学生・社会人)を育成するところから始めるため、長期的なプロジェクトになります。またライフイズテック自体が成長中のベンチャー企業のため、会社を一緒につくりあげていくというベンチャーマインドも求められる要素のひとつ。裁量があるけれど責任もある。そんな環境で、新しい子どもたちの未来を創ることに自分の力を試したいという方であれば、大きなやりがいを感じられるのではないでしょうか。気になった方はぜひ詳細をご覧ください!

日本で一番オモシロイ若者が集う「MAKERS UNIVERSITY」で事務局募集!

オススメ求人その3は NPO法人ETIC.(東京都)です。

「全校生徒、革命児。創るのは、まだ誰も見たことのない未来」をキャッチコピーに、未来の起業家・イノベーターを育てる、大学生向けの学校(現在版私塾)MAKERS UNIVERSITY。現役バリバリの先輩起業家たちが自らも事業に挑みながら、師匠として、メンターとして全力で若者の挑戦を支えるのが大きな特徴です。2016年にスタート、これまで約180人の若者が参加し、そのうち約6割超が実際に起業しています。

一番大切にしているのは、挑戦者のコミュニティをつくること。道なき道を切り拓いていく塾生たちにとって、心から信頼し合え、相談し合える、自らの目線を上げてくれる仲間は一生の財産。そんな経験をすべての塾生たちが得られるコミュニティになるよう、事務局も塾生にかける小さな声かけやメール1本にいたるまで徹底的にこだわっています。MAKERS UNIVERSITYでは、そんな事務局で新しいメンバーを募集しています。ミッションである「未来を、世界を、社会を創る人を、つくる。」をさらに前進させるため、来期から事業の拡大を検討していることが背景にあります。

ゼミや合宿のコーディネートなど裏方業務がメインになりますが、塾生たちに接することも多い現場です。積極的に塾生たちの声に耳を傾けるなど、良いものを一緒に創りあげていこうという思いと行動力のある方、ぜひご応募ください!

場づくりと人づくりの両面から「住みたくなる地域」を創るプログラム・オフィサー募集!

オススメ求人その4は 合同会社巻組(宮城県)です。



宮城県石巻市で2015年に創業した合同会社巻組。やる気のある若者を集めて育てること。そして、条件不利で空き家になっているような不動産を再生させること。この2つをワンセットで考える魅力的なまちづくり、という新しい形のビジネスに挑んでいます。案件数が増加し続けているなかで、今回の募集となりました。ポジションは、人材育成部門でのプログラム・オフィサー。

石巻市での地方創生に関わる各種プロジェクトの企画・運営など、地方創生の仕事の最前線に関われるほか、様々なプログラムの企画やコーディネートを担うこともできます。たとえば、空き家のオーナーと使いたい人材の出会いを促進し、使い手人材の事業を育てていく「オモシロ不動産大作戦」、美大や芸大生などアート思考・デザイン思考人材に特化した実践型インターンシップ「東北クリエイティブアカデミー」など。

先例もお手本もないという巻組の仕事は、自ら新しいレールを作りながら目の前の課題をどう解決していくか、自分で考えながら動くことが求められます。そんな仕事のやり方にご興味ある方、かつて経験したことのない仕事にわくわくするという方におススメです。ぜひご応募を!

若者世代から超高齢社会の未来を変える。KAIGO LEADERSを支える事務局スタッフ募集!

オススメ求人その5は 株式会社Join for Kaigo(東京都)です。



KAIGO LEADERSは、2013年に当時大学生だった代表の秋本可愛氏が、「もっと若い世代に介護のことを知ってほしい。若い世代から介護・高齢社会を変えたい」とスタートさせた介護に志を持つ若者世代のコミュニティ。東京での活動を続けてきたこれまでで、主催イベントやプログラムに参加した人は2,000人を突破、介護職はもちろん業界内外からも様々な職種や世代の人が集まり、ともに学ぶ介護領域の最大級のコミュニティに成長しました。

また2018年からは全国展開を開始。東京を含めた全国8都市で、高齢化社会をポジティブに変革する人材を育成し、ネットワークを広げていくことで超高齢化社会・介護業界の課題解決を目指します。

KAIGO LEADERSの大きな特徴は、これらの活動は基本的に有志のボランティアメンバーを中心に運営されていること。今回募集する事務局メンバーはサポート業務を通して、彼らの活動を支えることが大きな仕事となります。事務局運営にとどまらず、中核メンバーとして、KAIGO LEADERSの活動がより社会的インパクトを出せるよう、事業展開を一緒に考えていくことも求められる現場です。

世界一の高齢化社会といわれる日本で、誰もが自分らしく、よりよく生きることのできる社会の実現のために、介護領域の若者たちがリーダーシップを発揮しながら行動していく社会をつくること。このことを大切に活動している株式会社Join for Kaigoのもとで自分もアクションを起こしたい、高齢化や介護という大きな社会問題にポジティブに向き合いたいという方、ぜひご検討ください。


※求人募集は、決まり次第終了いたします。他の教育・こども関連の求人にも関心がある方は、DRIVEキャリアをご覧ください。

 


関連記事

【求人情報・2018年9月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~虐待や貧困等で孤立した子どもの支援、子育てシェア、若者のこころのケア、ローカルベンチャー支援、若者の生き方や挑戦の支援

2018年9月号 vol.67

【求人情報・2018年8月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~被災地の教育旅行プログラム開発、保育家具・遊具の製造・販売、若者の海外留学支援、不登校や中退経験者のための個別指導塾、コミュニティデザイン

2018年8月号 vol.66

【求人情報・2018年7月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~若者の学び直し支援、放課後の教育活動、虐待・家庭環境などで孤立した子どもの支援、自分だけのナリワイ研究、国内外の遺児救済

2018年7月号 vol.65

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年9月号 vol.67

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年8月号 vol.66

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年7月号 vol.65

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...