ひみつ基地

2019年2月号 vol.72

【求人情報・2019年2月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~先生の学び場、子どもや若者らが学び合う場、若者を取り巻く社会問題解決、若者のチャレンジ支援、学生主体の地域活動サポート

2019年02月07日 21:54 by drive

志あるソーシャルビジネス・NPO・ベンチャー企業の求人情報サイト「DRIVEキャリア」から、今月も、さまざまな方法で子どもや若者たちの未来をつくるお仕事を紹介します。「今の仕事もやりがいはあるけど、もっと志を持ったおもしろい仲間たちと働きたい」「地元に帰って、子どもたちと関わる仕事はないものか」とお考えの方、どうぞお見逃しなく!

日本の学校教育を“学び手中心”にシフトする!先生のための学びの場、スタッフ募集

オススメ求人その1は 一般社団法人ティーチャーズ・イニシアティブ(東京都)です。



「先生こそが真に未来をつくることができる」。この考えのもと、先生たちとともに学びながら、日本の教育をより良いものにしていく活動を行うため、2015年に設立された一般社団法人ティーチャーズ・イニシアティブ。2016年、全国の先生を対象に、生徒を中心に据えて学びの本質を探求するプログラム「21 世紀ティーチャーズプログラム」を開講し、これまでに、2期、57名が修了しました。現在、3期生が受講中です。

こうした3期にわたる全国公募型のプログラム実施に加えて、大阪堺市をはじめ、自治体での導入も始まるなど、ティーチャーズ・イニシアティブは本格的に事業を拡大するステージに入っています。スタッフ募集はその土台を固めていくためのものです。

少人数のスタートアップという職場環境から、仕事内容は地域の教育委員会、自治体への協業事業提案をはじめ多岐に渡ります。全般的に当事者意識をもって主体的に動けることも求められるため、自分で考えながら事業を動かしていきたい方にはとてもやりがいを感じられる場となっています。

これからの未来を教師とともに作っていくという実感がもてるこのポジション、子どもたちが人生を切り拓いていくための事業作りに携わりたいという思いをお持ちの方にもおススメです。関心のある方はぜひ詳細をご覧ください。



こどもと若者、大人が出会い、学び合う場をつくるコーディネーター募集!

オススメ求人その2は NPO法人JAE(大阪府)です。


2001年の設立以来、学校と企業をつなぎながら、子どもや若者、大人がお互いに学び合える場を作ってきたNPO法人JAE。小中高生を対象にしたキャリアデザイン教育プログラム事業、大学生を対象にした実践型インターンシップ事業を展開してきました。今回、さらに新しい価値を生み出すポジションとして、コーディネーターを募集しています。

仕事内容はニーズのヒアリングや企画を実践するための体制作り、企業と連携した教育プログラムの企画、運営など。「子どもや若者が学ぶ環境を良くしたい」という思いをもった企業や行政、学校など多様な関係企業や団体と協働するため、コーディネーターにとっても、とても学びの多い職場環境となっています。

「学生や企業が目指す道をともに切り開いていくことがコーディネーターの役割」と、JAEは言います。答えのないことに対して試行錯誤し、まだ形になっていないものを形にしていくことのできる現場だからこそ、やりがいを感じられる、と。こうした言葉に共感された方、子どもや若者が自分で選択しながらキャリアを進むことを後押ししたいという方、ぜひ応募をご検討ください。



「何度でもやり直せる社会」 をつくる!基盤を支える管理部マネージャー候補を募集

オススメ求人その3は 株式会社キズキ(東京都)です。

グループ全体(株式会社キズキ・NPO法人キズキ)の活動として、キズキ共育塾の運営に加え、中退予防のための大学への講師派遣・研修、貧困家庭の子どもの学習支援プロジェクト、うつや発達障害の方向けの就労移行支援など、多岐にわたり若者を取り巻く社会問題に取り組んでいる株式会社キズキ。創業から8年、毎年1.5倍のペース(キズキグループ全体)で事業、組織ともに急成長を続けてきました。

今回の管理部マネージャー候補の募集は、グループ全体で統制のとれた人事・労務・経理基盤(業務ルール、システム面の両方)の構築が急務となっているのを背景に、安定かつスピードを持って組織運営するために行うもの。キズキグループの事業の成長を基盤から支えている管理部(経理・人事・労務)全体を見ながら、各事業の現場にいる社員が安心して業務に集中できるよう、社内ニーズにあった仕組みを作り、組織基盤を構築していくことが大切な仕事です。

人と組織は常に重要なテーマであり、日々「事業成長のために自分ができることは何か」を考えながら取り組むことが求められるとキズキは言います。キズキで働く全員が生き生きと働くこと、それがキズキの提供するサービスのクオリティに直結し、ひいては理念である「何度でもやり直せる社会をつくる」ことにつながる。この考えに共感された方、人事や労務、または経理のスキルを活かしながら若者の可能性を支えたいという方、詳細を確認のうえ、ぜひご応募ください。



若者のチャレンジが生まれる「仕掛け」と「場」を作る!事務局・コーディネーター募集!

オススメ求人その4は 一般社団法人まるオフィス(宮城県)です。



東日本大震災によって甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市で、2015年から、地域内の人材を育成し、人材還流の仕組みを作るために活動している一般社団法人まるオフィス。

現在、気仙沼に暮らす10〜30代の若者を対象に、様々な学びや交流の機会を作ることを通して、地域内で人が育ち、若者のチャレンジが生まれるサポートをしています。事業開始からこれまで500人以上にプログラムを提供し、その中から具体的なプロジェクトとして30件以上の新しい活動が生まれました。さらに、新たに創業する人も出始めています。

今回の募集は、これらの事業をより加速させながら、組織自体が次のフェーズに移っていくためのもの。地域内の人材育成の仕組みを作り、まちづくりの次の担い手や、新たに事業を起こしていく人を支援し、その挑戦がつながっていくことを通して気仙沼がより元気になっていくことを目指します。

震災からの復興とその前からあった様々な課題、そして震災以前からじわじわと進行している少子化や高齢化。こうした背景をもった気仙沼市のまちの未来を創ることにご関心ある方、若者の「こうしたい!」という思いを行動で応援したいという方、必見です!



学生の地域活動を積極的にサポートする特任教員を募集!

オススメ求人その5は 公立大学法人北九州市立大学(福岡県)です。


北九州市立大学地域創生学群は、「地域の再生と創造に資する人材の育成」を目的に、2009年、開設されました。以来、北九州地域を中心とした様々な地域において、地域の人たちと一緒に地域課題の解決に向けた取り組みを進めてきました。

今後も学生たちの成長や地域の課題解決についてさらに質を上げていきたいという北九州市立大学地域創生学群。今回、地域創生学群の教育の柱の1つである、地域における実践活動(実習)を担当する特任教員を募集しています。

仕事内容は、地域創生学群における実習指導、運営、さらに学生対応、事前事後の学習実施など。具体的には、中山間地域における農業を通じた持続可能な地域づくり、子ども食堂の運営サポート等に関する実習を担当するなど、学生による地域活動のサポート全般を担っていただきます。

積極的に地域に入り、学生たちの成長に寄り添いながら事業を推進することが多い職場環境のため、地域活性化やまちづくり、教育に強い関心をもっている方におススメの求人です。地域や学生との関わり方は試行錯誤の連続ながら、学生の成長を目の当たりにすることが多く、やりがいを感じられます。こんな特任教員の仕事に関心をもたれた方、ぜひご応募を!


※求人募集は、決まり次第終了いたします。他の教育・こども関連の求人にも関心がある方は、DRIVEキャリアをご覧ください。

 


関連記事

【求人情報・2019年4月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~キャリア教育、環境学習、子どもたちの第3の学びの場、うつや発達障害で悩む人の就労移行支援、若者と地域をつなぐ就労支援

2019年4月号 vol.74

【求人情報・2019年3月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~大人と子どもの教育プログラム、地域を旅する大学、貧困や虐待で孤立した子どもたちの支援、幼稚園と義務教育学校の創立、障がい者就労支援

2019年3月号 vol.73

【求人情報・2019年1月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~まちの大学、野外体験教育、学童保育、10代のためのWebサイト、若い挑戦者たちを支援する学校

2019年1月号 vol.71

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年4月号 vol.74

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年3月号 vol.73

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年1月号 vol.71

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...