ひみつ基地

2019年4月号 vol.74

【求人情報・2019年4月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~キャリア教育、環境学習、子どもたちの第3の学びの場、うつや発達障害で悩む人の就労移行支援、若者と地域をつなぐ就労支援

2019年06月02日 22:10 by drive

志あるソーシャルビジネス・NPO・ベンチャー企業の求人情報サイト「DRIVEキャリア」から、今月も、さまざまな方法で子どもや若者たちの未来をつくるお仕事を紹介します。「今の仕事もやりがいはあるけど、もっと志を持ったおもしろい仲間たちと働きたい」「地元に帰って、子どもたちと関わる仕事はないものか」とお考えの方、どうぞお見逃しなく!

小学校から大学までのキャリア教育を支える、キャリア教育コーディネーターとバックオフィスメンバーを募集!

オススメ求人その1は NPO法人アスクネット(愛知県)です。



社会講師やインターンシップのコーディネートなど様々なキャリア教育を推進するNPO法人アスクネット。2018年度からは中期ビジョン「2022年までに主体的な18歳を社会に送り出す仕組みづくりとその実現に向けて活動する。」を掲げて活動しています。

これは、誰もが高校卒業時に自ら主体的に進路選択ができる社会を実現しようというもの。現在、学校と企業、市民をつなぎながら、子どもたちに「出会いと挑戦の場」を届けています。

今回の募集には、「このビジョンを達成するために、新たなアイデアを取り入れながら、事業を拡大していきたい」というアスクネットの思いが込められています。担う仕事内容については、希望や適性にあわせて業務を変更することが可能とのこと。また、団体ビジョンや中期ビジョンに適していれば、新しい事業や講座、授業を企画・運営することができるなど、キャリアップできる環境も自分でつくることができる現場です。

6歳から社会人になるまで、子どもたちの成長に伴走するこのキャリア教育に関心のある方、理想の教育をいつか自分の手で実践してみたいという方、第一歩につながるこの機会をぜひお見逃しなく!



環境にやさしい社会を市民目線で実現させる!事務局スタッフ募集!

オススメ求人その2は 特定非営利活動法人とよたエコ人プロジェクト(愛知県)です。


「市民が市民に伝える」を合言葉に、2009年に設立以来、市民ボランティア(エコットインタープリター)と行政(環境政策課)と協働しながら、環境に関連した事業を推進している特定非営利活動法人とよたエコ人プロジェクト。

市民や市民団体、企業、行政、学校などを対象にした環境学習、また環境学習を行う市民や市民団体などへのサポート、連携事業、情報発信など環境にやさしい街づくりを様々な形で展開しています。

今回募集している事務局スタッフの方の仕事は、小学校4年生の社会科「ごみの利用と処理」に合わせた出前授業など、学校を対象とした環境学習の業務、清掃工場での見学準備や環境プログラムづくりなど。また、出前事業に参加する市民ボランティアの方の日程調整をはじめ、市民の方とのコミュニケーションも多い現場です。

「環境に配慮した行動を始めるきっかけづくり」に携われることがやりがいというこのポジション。時代の流れにあわせたチャレンジにも積極的な環境ですので、環境学習に関心がある方はもちろん、子どもたちや市民の方と一緒に持続可能な社会をつくっていきたいという思いをお持ちの方、ご応募おまちしています!



学校教育だけでは難しい「第3の学びの場」をつくる。事務職のパートタイム募集!

オススメ求人その3は NPO法人じぶん未来クラブ(東京都)です。

いじめやうつ病、不登校など日本に漂う閉塞感を打破して、「関わる人すべての人にとっての学びの場」をつくることを目指して2006年に設立されたNPO法人じぶん未来クラブ。国内外のNPO、企業と協力しながら、子ども向けプログラムの開発や運営などを行ってきました。ビジョンは「生きるエネルギーで満ちあふれた子どもたちでいっぱいの社会」。

スタッフも増え、来年度には事業も拡大していくことが決まっているじぶん未来クラブでは、今回、縁の下の力持ちとして組織の成長を支えていく事務スタッフを募集しています。主な仕事は、日々の事務仕事を通して、現場のスタッフが安心して仕事に集中できるよう、働きやすい環境を仲間と一緒につくっていくこと。

業務に慣れた後は、学びの場づくりの仕組みを一緒に磨いたり、事業改善に取り組んだりと、自分のアイデアが仕事に活かせる場も多々ある職場です。考えながら動くことが得意な方には大きなやりがいを感じられるのではないでしょうか。

子どもたちが様々な価値観に触れながら成長していく姿を間接的にでも見守ることのできる仕事です。自分のライススタイルを大切にしながら、子どもたちと一緒に成長したいという方、ぜひ詳細をご確認ください。



うつや発達障害で悩む方をサポートするビジネスカレッジで、法人営業・キャリアアドバイザーを募集!

オススメ求人その4は 株式会社キズキ(東京都)です。



一度つまずいても、繰り返しつまずいてしまっても、いつからでも、「何度でもやり直せる社会」という理念を掲げて、福祉や教育分野で多角的に事業を展開しているキズキグループ(株式会社キズキ・NPO法人キズキ)。これまでは、不登校やひきこもりなど様々な事情を抱える方一人ひとりに合わせた学習支援と心のサポートを行う個別指導塾「キズキ共育塾」を中心に、多くの若者に寄り添ってきました。

2019年4月には新規事業として、就労移行支援事業「キズキビジネスカレッジ」をスタート。うつ病などが原因で会社勤務が困難な方や、発達障害によって会社でうまく働けない方を対象に、簿記やファイナンス、プログラミング、英語などビジネス上で役立つスキルを中心にした就労支援を行います。キズキによると、「キズキ共育塾」に次ぐ第2の柱として育てていきたいとのこと。

今回募集する法人営業を含むキャリアアドバイザーの方は、この新規事業の立ち上げから関わり、成長を支えていく重要なポジションとなります。会社の大きなチャレンジに携わることは大きな責任をともないますが、その分、大きなやりがいが感じられる仕事です。理念に共感された方、キズキの一員となって若者たちの背中を押したいという方、ぜひ応募をご検討ください。



「仕事」をキーワードに、地域と若者をつなぐ企画営業力、求む!

オススメ求人その5は 特定非営利活動法人 つなぐ(山口県)です。

「人が輝けば企業が輝く、企業が輝けばまちが輝く」という理念のもと、中高生を対象にしたキャリア教育の推進、山口県長門市の産業の推進や創業支援などを行っている特定非営利活動法人 つなぐ。2018年3月に法人化した後は、10月に創設された長門市しごとセンターの運営を担ってきました。

長門市しごとセンターは、「まち」「ひと」「しごと」をつなぐ機能を持った施設。現在、市内の企業と地域の若者、U・J・Iターン移住者をつなぐ情報提供と人財の育成拠点となることを目指して、事業を展開しています。

今回募集する方が担当するのは、この長門市しごとセンターで開催されるイベントの企画・運営に携わりながら、仕事や定住につながる事業を企画・発信・開催すること。企画力と実行力が試されるため、アイデアを活かして地域を盛り上げる活動をしたい、地域でいきいきと働く若者を増やしたいという思いをお持ちの方に特におススメの求人です。

これまでつなぐが長門市しごとセンターで開催したイベントは、高校生のための合同企業説明会。自分ならどんな説明会にしたいか、来訪してくれた高校生に何を感じてほしいか、アイデアが浮かんだ方はぜひご応募を!


※求人募集は、決まり次第終了いたします。他の教育・こども関連の求人にも関心がある方は、DRIVEキャリアをご覧ください。

関連記事

【求人情報・2019年6月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~保育家具、高校生の聞き書き事業、環境学習、大学生のシェアハウス、就労移行支援

2019年6月号 vol.76

【求人情報・2019年5月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~若者のキャリア教育、教育コーディネーター、高校生のキャリア教育、放課後の教育活動、小児がんの子どもたちの支援

2019年5月号 vol.75

【求人情報・2019年3月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~大人と子どもの教育プログラム、地域を旅する大学、貧困や虐待で孤立した子どもたちの支援、幼稚園と義務教育学校の創立、障がい者就労支援

2019年3月号 vol.73

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年6月号 vol.76

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年5月号 vol.75

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年3月号 vol.73

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...