ひみつ基地

2019年6月号 vol.76

高校中退したら高卒認定を取るべきか?~高卒認定をおすすめする5つの理由

2019年06月11日 14:11 by yamaguchi_masashi

高校中退した後、通信制高校や定時制高校に編入するという選択以外にも、高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)を取るという選択もあります。高校中退や不登校、通信制高校の方などを対象とした個別指導塾を運営している中で、「高卒認定は取っておくべき?」「高卒認定を持っておくメリットは?」という疑問もよく聞かれます。今回の記事では、高卒認定を取った方が良い5つの理由についてお伝えしたいと思います。

◎高卒認定は意外に簡単!?

まず第一に、高卒認定試験というのは思ったよりも簡単な試験です。

内容は高1レベルの内容ですし、選択式・マーク式の試験でだいたいが4択問題です。4択問題ということは、適当に選んでも確率で25%は正解できます。

合格点は40点前後だということを考えると、仮に25問のテストだった場合、自信を持って正解できる問題が5つもあれば、確率上は、その科目の合格できる可能性はすごく上がることになります。25問中の5問ができれば可能性はあるのです。

また、一度受かった科目は二度と受けなくて大丈夫なので、年2回ある試験で、少しずつ合格科目を増やしていくことも可能です。

もちろん、個人の得手不得手がありますし、正直対策しにくい科目もありますが、そのあたりは、各科目のポイント解説動画もありますので、それぞれに見ていただければと思います。

◎高卒認定は、時間とお金のコスパが良い!

ポイントの2つ目です。高卒認定は、時間とお金のコスパが良いです。高卒認定の受験は、1回で8科目全部取ろうと思うと受験料は8,500円です。1回の受験で全ての科目を取ることができれば、8,500円で高卒と同じ程度の資格を持てるということになります。高校に行って色々とお金がかかるよりは、高卒認定の8,500円で終わらせてしまうという考え方もできるかもしれません。

次に時間のコスパから考えてみます。高校1年生の8月に8教科を全部合格しましたという子もいます。本来であれば3年間かけて高卒を取りに行くところですが、高1の8月までの4ヶ月間ぐらいで終わってしまうで、残りの2年半をどのように過ごすかということが自由に決められます。

「留年してて他の人たちより1年遅れて大学に行かないといけない」というようなこともありますが、留年してすぐに高卒認定を受けてしまえば、その人たちと同じ学年で進学できる可能性があります。

時間を短く、手っ取り早く学歴を回収するということができると思っているので、コストパフォーマンスが良いっていうのが高卒認定をおすすめする2つ目のポイントです。

◎高卒学歴の保険(単位)になる!

3つ目に「高卒学歴の保険(単位)になります」ということをお伝えします。通信制高校とか定時制高校へ通いながら、相談に来てくれる方がいらっしゃいます。「通信制高校が卒業できるかどうか不安なんだけど」っていうような声もやっぱりありますが、そんな時こそ高卒認定をおすすめしています。例えば、通信制高校が仮に卒業できなかったとしても、高卒認定を持っていれば次の大学とか専門学校に進めるわけですので、通信制高校は卒業できなかった時の保険になります。

逆の見方をすると、先に高卒認定の科目の単位を持っていたら、通信制高校でも合格している科目があれば、「この単位は取らなくていいよ!」という単位の読み替えというものをしてもらえます。

高卒認定を受けておくというのは、それほどマイナスなものではないかなと思います。通信制高校や定時制高校に行かれている方で、ちょっとでも保険として持っておきたいという人があれば高卒認定を考えてみても良いんじゃないかなと思っています。

◎進学するならほぼ「高卒」と同じ

4つ目は、「進学するならほぼ『高卒』と同じです」いうことです。

この「ほぼ」と書いているのは大学入試のことを考えた時に、入試の方式がたくさんあります。高校が学校指定して大学に行けるというような形の指定校推薦はまず無理です。もう一つ公募制推薦というのも受けられない学校がたまにあります。受けられない大学というのは、学校長の推薦っていうものが必要になりますので、高卒認定だと高校は卒業してないので学校長の推薦がもらえないということになってしまうのでその方式の受験はできません。

ただAO入試とか一般入試は、同じ条件で受けられますので、進学するのであればほぼ高卒と同じような扱いで次のステップに進んでいけます。

◎就職でも高卒認定がないよりはマシ!

最後の5つ目に「就職でも高卒認定がないよりはマシ!」ということをお伝えします。私たちも就職の相談や支援も行っています。

うちの地域のあの企業さんとか事業所さん営業所200社くらいをまわらせて頂きましたが、そこで「高卒以上は欲しいね!」というお話を企業さんから受けた時に、「高卒認定ではダメですか?」とお伺いすると、「高卒認定とっているのは、高卒と一緒だからいいですよ」って言ってくださることは意外に多いです。中卒のままで何もない中で就職活動をするよりは高卒認定を取っておいて受けに行くという方が有利なんじゃないかなと思います。

もちろんすごく大きい会社さんだと社内のルールがかなりきっちりしているのでなかなか難しいですが、「地域の中で若者をしっかり育てていきたいなぁ」と思っている企業さんと多いですので、そういう企業さんところだと高卒認定と高卒はほぼ同じ扱いで採用しますよと言ってくれるところが多いです。

高卒認定で次のステップへ

5つのメリットを挙げましたが、どうしても「高卒」が欲しいであるとか、「高校生活とか学園生活の思い出が欲しい」みたいな想いがないのであれば、私達としては高卒認定をおすすめします。高卒認定を取って、進学や就職などの次のステップを目指すしてみてはいかがでしょうか?

一般社団法人new-look 代表理事 山口真史




動画・new-lookちゃんねる:高卒認定をおすすめする5つの理由】


new-lookちゃんねるは、高校中退者・不登校生・通信制高校生などに向け、進学したい人・就職を目指す人のどちらにも響くような内容をシェアしていきたい!という想いで作ったチャンネルです。

具体的には、いまは高卒認定試験についての情報を中心に、動画をアップしています。高卒認定試験ってそもそも何?というお話から、高卒認定試験を受けるならココをおさえておくといいよ!というコツのお話まで、幅広く動画にしています。

もしよければ、動画への評価やチャンネル登録をお願いいたします。

関連記事

どうしたら日本で若手政治家が増えるのか?~18歳から投票ができるのに、同世代を代表する政治家がいない

2019年7月号 vol.77

なぜ、若者は地方の中小企業に就職しないのか?(後編)~待遇改善や柔軟な労働環境は不可欠!外よりも中にヒントあり!

2019年5月号 vol.75

なぜ、若者は地方の中小企業に就職しないのか?(前編)~変わらない地方の中小企業と、変わり続ける若者の意識のギャップ

2019年4月号 vol.74

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年8月号 vol.78

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年7月号 vol.77

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年5月号 vol.75

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...