ひみつ基地

2019年7月号 vol.77

【求人情報・2019年7月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~学童保育、教育バウチャー、社会的養護から巣立つ子どもの自立支援、成長を支える学生寮、挑戦する中小企業と若手のコーディネーター

2019年07月10日 14:07 by drive

志あるソーシャルビジネス・NPO・ベンチャー企業の求人情報サイト「DRIVEキャリア」から、今月も、さまざまな方法で子どもや若者たちの未来をつくるお仕事を紹介します。「今の仕事もやりがいはあるけど、もっと志を持ったおもしろい仲間たちと働きたい」「地元に帰って、子どもたちと関わる仕事はないものか」とお考えの方、どうぞお見逃しなく!

全力で遊び、学び、成長する放課後をこどもたちとつくる。学童スタッフ募集!

オススメ求人その1は 特定非営利活動法人 Chance For All(東京都)です。

3年前、創業メンバーと4人のこどもたちから始まった特定非営利活動法人 Chance For Allの学童保育「CFAKids」。こどもたちの「やりたいこと」を尊重しながら、意欲や好奇心が健やかに育つような放課後の居場所をつくってきました。

どんなことに対しても「全力」なこどもたちを、「全力」でサポートしていく。それが、今回募集する現場スタッフの大切な仕事になります。そんなCFAKidsの職場には、本気でこどもたちのことを考え、語り合える仲間がいます。彼らのバックグラウンドは様々で、刺激し合いながらCFAKidsの運営について考え、実行していくチーム活動もあるなど、仕事を通して成長できる環境になっています。

Chance For Allの理念は、「生まれ育った家庭や環境によってその後の人生が左右されない社会を実現させる」。その方法のひとつとして、こどものための放課後を、こどもと一緒につくりながら、一人ひとりの可能性を広げていく。こうした居場所づくりを進めるChance For Allの活動に関心を持たれた方、思い描く放課後を自分の手で実現したいという方、ぜひご応募ください!



日本初の教育バウチャーですべての子どもに学ぶ機会を届ける!広報・ファンドレイジング担当者募集!

オススメ求人その2は 公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(東京都)です。


家庭の所得格差による放課後の教育格差をなくすために活動しているチャンス・フォー・チルドレン。東日本大震災をきっかけに設立され、9年目を迎えました。

設立以来、寄付金を原資に、経済的な困難を抱える子どもたちに、塾や習い事に使える“スタディクーポン”を提供する事業を展開してきました。近年では、渋谷区、大阪市、千葉市などの自治体がこの事業を政策として導入するなど、広がりをみせています。

今後は、すべての子どもたちに学ぶ機会を届けるために、この動きをさらに加速させ、活動を全国へと広げていく予定です。今回の募集は、こういったことを背景に、広報・情報発信やファンドレイジングを強化していくことを目的としたものです。

やりがいは、仕事を通して子どもたちの成長を感じられることだと語るチャンス・フォー・チルドレン。これまで2,000人以上の子どもたちにスタディクーポンを届けてきました。現在は社会で活躍している子どももいるというこの活動、事業がますます加速し、制度として導入する自治体が増えていくことで子どもたちの学びの場、活躍の場も広がっていきそうです。

突然の災害、親との離別などで学ぶ機会を得られなくなった多くの子どもたちと出会い、接してきたチャンス・フォー・チルドレン。子どもたちが経済状況に関係なく、自分に合った学ぶ環境を選びながら、希望をもって生きていけるように挑戦を続けています。ぜひ一員になって、自治体を巻き込みながら、新しい教育の形を創っていきませんか。



児童養護施設などから巣立つ子どもたちの自立に伴走する支援スタッフを募集!

オススメ求人その3は 特定非営利活動法人ブリッジフォースマイル(東京都)です。

児童養護施設や里親家庭など社会的養護のもとで生活する子どもたちは、原則として、高校を卒業すると同時に一人で暮らしていく必要があります。ご存知ですか?特定非営利活動法人ブリッジフォースマイルは、そういった子どもたちに寄り添いながら、自立できるように様々なプログラムを実施してきました。2018年は1,617人の子ども・若者たちが自立支援プログラムに参加しています。

2020年に設立16年目を迎えるブリッジフォースマイル。今、次の10年に向けて少しずつ変化をしながら生まれ変わろうとしているところなのだそう。大きな節目となる今回の募集、担当となった方には、関係団体やボランティアスタッフと子どもたちに伴走することをはじめ、親を頼れない子どもたちのためにできることを追求し、問題を解決するための仕組みを積極的に形にしていくことが期待されています。

子どもたちが抱える問題は、「生活するための知識がない」「相談相手がいない」「お金がない」など様々です。それを一つひとつ解決へと導きながら、ブリッジフォースマイルの名前の由来である「笑顔の架け橋」と呼べる結果が起こせるように、仲間たちと協力しながら現場を進化させていく。ブリッジフォースマイルはこんなふうに一緒にチャレンジする仲間を求めています。社会的養護のもとで暮らす子どもたち、また18歳で巣立つ子どもたちの支えになりたい、子どもたちを取り巻く社会問題を解決していきたいなどの想いを育まれている方、ご応募をお待ちしています!



学生の成長を生活面で支える。学生寮「神戸虹の心塾」の学生指導を募集!

オススメ求人その4は あしなが育英会(兵庫県)です。

病気や災害などで親を亡くした子どもたち、また親が重い障害を負って働けない家庭の子どもたちに高校や大学に進学するための奨学金を支給したり、心のケアを行ったりしているあしなが育英会。交通遺児育英会として1969年に発足後、1993年に法人設立、さらに2002年からはウガンダを中心とするアフリカ遺児の初等教育と高等教育の支援も行っています。

そんなあしなが育英会で、支援を受けている学生たちのための学生寮「虹の心塾」のスタッフを募集しています。仕事内容は、塾の運営、学生への生活指導や進路指導など。また学生が行動を起こせるようなカリキュラムを企画し、実行するなどクリエイティブな面でチャレンジできる機会もある現場です。いずれにしても、学生とのコミュニケーションが様々な可能性につながる環境になっていますので、人と接する仕事や人の成長に携わる仕事に関心のある方に特におススメです。

「虹の心塾」は、学生たちが進学するためだけではなく、在籍するすべての人が成長していける場となることを目指しながら運営しているというあしなが育英会。そのため、「広く人類社会に貢献できる人材」の育成を理念に掲げて、スタッフは日々、真剣に学生たちと向き合っています。こうした考え方、仕事内容にピンときた方はぜひ詳細をご確認ください。



【20卒】若手と中小企業のチャレンジを応援し、地域を盛り上げる。コーディネーター募集!

オススメ求人その5は NPO法人G-net(岐阜県)です。

「チャレンジする若者を育成し、意欲ある中小企業を支援することで、地域を活性化させる」。NPO法人G-netは、2001年の創業以来、この理想を実現させるために事業を展開してきました。中小企業の経営革新につながるプログラム設計をしながら、担い手となる若手をつなげ、組織開発と事業を加速させるための支援をしています。

今回募集しているコーディネーターの方の仕事は、中小企業に対して丁寧にヒアリングしながら経営革新の推進につながるようなプログラムを設計すること、企業の状況に適した伴走支援プログラムを提案することなど。地域中小企業のCHO(最高人事責任者)として、企業に伴走し、ひいては地域の新たな魅力づくりにつながるよう、現場を盛り上げていただきます。

経営者一人ひとりと丁寧に関係性を築いてくことが仕事の土台となるため、経営者目線の価値観や考え方などに触れる機会が多い環境です。またチャレンジする経営者や若者たちの変化を感じられることにも恵まれていますので、やりがいをもてる瞬間にも多く立ち会えるのではないでしょうか。熱意ある企業と人をつなぐことで事業の可能性を切り拓けるこのポジション、興味をもった方はぜひお見逃しなく!


※求人募集は、決まり次第終了いたします。他の教育・こども関連の求人にも関心がある方は、DRIVEキャリアをご覧ください。




関連記事

【求人情報・2019年8月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~キャリア教育コーディネーター、学童保育、木製遊具などの職人、放課後の教育活動、インターンシップコーディネーター

2019年8月号 vol.78

【求人情報・2019年6月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~保育家具、高校生の聞き書き事業、環境学習、大学生のシェアハウス、就労移行支援

2019年6月号 vol.76

【求人情報・2019年5月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~若者のキャリア教育、教育コーディネーター、高校生のキャリア教育、放課後の教育活動、小児がんの子どもたちの支援

2019年5月号 vol.75

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年8月号 vol.78

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年6月号 vol.76

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年5月号 vol.75

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...