Eduwell Journal

2019年11月号 vol.81

インクルーシブ教育を実現するカナダの教育制度とは?(前編)-学校教員・教師の学びを支え、多様な専門家がチームでサポート

2020年06月03日 18:18 by Miwa_Hosogoe

 カナダでは、インクルーシブ教育が人に優しい社会づくりや個人の才能教育を行ううえで、大きな役割を果たしています。(インクルーシブ教育を実践し、共生社会を実現するカナダ)日本がこれからインクルーシブ教育を進めていく中で、参考になる仕組みをご紹介します。前編の記事では、カナダでインクルーシブ教育に力を入れている背景、最前線の学校教員・教師を支える仕組みなどについてご紹介します。


(photo by Powell river school district)

「みんな」で社会をつくるためのインクルーシブ教育

日本とカナダで大きく異なる点はカナダでは、90%以上の学生が住んでいる地域の公立の小学校や中学校に通学するという点です。つまり、みんなが同じ地域の学校に行くので、どの学校でもインクルーシブ教育が行われています。カナダのインクルーシブは障害者、健常者という分け方だけでなく、国籍、英語を母国語でない学生、LGBTなどすべてのことを指します。(今回の記事では、主に障害者と健常者のインクルーシブについてお伝えします。)


(graph by Shelly Moore)

カナダがインクルーシブ教育を大切にしている理由は、実際の社会を構成するのは、健常者も障害者も全員だからです。カナダでは、高校までしっかり卒業している人の方が、精神病、生活保護、犯罪等につながりにくいという統計をもとに、「みんなで社会をつくっているんだよ!」という認識を持っています。だから協力することでより効率的に色々な事が実現できるということを授業で教えていきます。

国全体を考えた場合、できる限り全員が社会参加をする方が生産効率を上げ、個人の幸せレベルも高くなります。現在、日本では不登校、ひきこもりの問題がよく取り上げられますが、多くの若い人が社会参加していないということは、税金での福祉・医療的なサポートも必要となります。社会参加していない、出来ない人が増えれば増えるほど、社会にとっては大きな負担になります。

当事者自身も本当は社会で活躍されたいと思っている方もいらっしゃると思います。それが実現できない場合、鬱病、不安障害等の精神的なダメージも起こる可能性が高くなります。

教員養成課程からインクルーシブ教育を徹底する

インクルーシブ教育といわれると一番に「障害を持つ学生をどう指導するべきなのか?」という点がフォーカスされますが、カナダの場合、基礎知識は先生になるための教員養成課程で先生になる前にしっかり学びます。

カナダの先生達が一番大事にしていることは、生徒、保護者に対して、なぜ、インクルーシブ教育が大切なのかしっかりと説明することです。インクルーシブ教育が成功するには、教師、学生、保護者、地域、国家が重要性がわかっている必要があります。先生がその必要性や大切さを分かっていないと、子どもにも伝わりません。先生達も生徒に一人ひとり得意な事、苦手な事があって良い。お互いの違いを尊重しながら協力する大切さを伝えるスキルが大切です。


(photo by westcoast international)

学校教員を支える継続的な学び

カナダの先生は、2カ月に1回、研修日があり、自分が学びたい事を色々なセミナーから選び受講できます。例えば、発達障害の学生のサポートや、技術教育の導入についてなど、トピックは様々です。同じ悩みを持つ先生と交流したり、専門家から指導を受け、先生自身のスキルアップを図り、自信もつけていきます。

さらに、この数年でカナダはインクルーシブ教育の次のステップとして、より個人の才能を伸ばす「Individualized Culliculam」を導入しました。「健常者と障害者という分け方を無くし、個人を伸ばす教育をしていきましょう!」という取り組みです。そういった新しいシステムの導入において多くの説明会やワークショップが教育委員会で行われます。


(photo by Powell river school district)

「個人指導計画書」を軸とした専門家チームのサポート

カナダの場合、幼稚園から高校まで義務教育で、個人指導計画書(Individualized education plan)は、基本的には各教育委員会で作成されます。教育委員会には、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、ギフテイッド専門カウンセラー、発達障害支援専門カウンセラー、ユースワーカーと呼ばれる生活面の指導をするスタッフなどが常駐しています。各学校に、スクールカウンセラーも複数名が常駐しています。

個人指導計画書は、基本的には教育委員会の専門家がチームで作成し、学期中に何回もそのチームの方々が保護者、先生、エデュケーション・アシスタント(EA)、生徒、ユースワーカーを含めて相談しながらご本人の自己理解と周りでサポートするスタッフの理解を深めます。障害の診断名より、どうやったらその生徒が将来、社会で自立できるようになるか徹底的に色々な方向から対策を練ります。早期発見、早期対応です。

(photo by Inclusive NB community effort)

私が出会った大学生の発達障害、ADHDといった障害をお持ちの方々はみなさん、ご自身の診断名だけでなく、どういった個性を持っていて、どういった支援が必要で、そういった支援があったらどんな事が出来るのか把握していました。自己理解を幼少期から専門家とのチームサポートで、当事者自身もかなりご自身の個性について詳しくなっています。

次号では、カナダのインクルーシブ教育に不可欠なエデュケーション・アシスタント(EA)、アコモデーション、教育環境などについてご紹介します。

>>後編:子ども一人ひとりの特性を重視した指導と教育環境の整備

Author:細越美和
Westcoast International Education Consulting in Canada Ltd. 代表取締役。2004年にカナダ・バンクーバーにカナダ留学を支援するウエストコーストインターナショナルを設立。質の高い英語教育、多文化理解、才能教育に力を入れ、これまでに4,000人以上の留学生をサポート。15年間に渡り、発達障害や視覚障害を持つ留学生もカナダのインクルーシブな教育環境で支援経験あり。
さらに、カナダの教育システムの研究・広報活動として、カナダ州立教育機関の正式な日本窓口としてカナダと日本の教育機関の提携業務や日本の教育者向けのカナダ教育機関見学ツアー、カナダ大使館フェアでの州立教育機関のサポート等を行っている。

本記事を書いた記者の記事一覧




本物のカナダの教育を実際に見に行きませんか?


(写真提供:カナダBC州サレー市教育委員会)

ウエストコーストは、「国際教育を通じて、将来的に国際的な視野を持ち、日本の地域社会の発展に貢献できる温かい心を持った日本人の育成」をミッションとして、日本とカナダの教育の架け橋になれるよう、カナダ留学に興味をお持ちの方のサポートとともに、日本の教育機関や教育者とカナダの教育機関・教育者との交流を推進しています。

◆カナダ教育機関との提携に興味をお持ちの教育関係者様へ
カナダの州立教育機関(大学や高校など)は、世界全体とカナダ自身の国際教育の発展に貢献するという観点から、他の国の教育者、教育機関との交流を積極的に行っており、日本の教育機関や教育者との連携にも強い関心を持っています。高校間や大学間の交換留学プログラム作りや日本の高校とカナダの州立カレッジの進学面の連携などにご興味をお持ちの学校関係者様がいらっしゃいましたら、カナダ州立教育機関とお繋ぎすることができますので、ぜひ、お問い合わせください。

◆カナダの教育を現地で体感するカナダ教育機関視察ツアーを実施しています!
カナダの教育現場を生で見てみたい、という方のために、カナダの州立教育機関の視察ツアーを社会貢献事業の一貫として実施しています。小学校教育から大学教育まで、ご要望に合わせてスケジュールを組むツアーです。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

関連記事

コロナ禍に必要な発達障害の子どもと親の支援とは?-家庭状況に応じた支援ができる柔軟な制度運用の継続を

2020年7月号 vol.89

学校のオンライン学習の種類やメリット・デメリットとは?-ライブ配信型と動画配信型の学習スタイルを考える

2020年7月号 vol.89

オンライン学習がもたらす学びの自立化や個別最適化-オンライン学習は休校期間中の授業の代替手段ではない

2020年7月号 vol.89

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年7月号 vol.89

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年6月号 vol.88

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年5月号 vol.87

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...