Eduwell Journal

2020年9月号 vol.91

【2020年9月】求人募集!子どもや若者の未来をつくる仕事5選

2020年09月10日 15:12 by eduwell_journal

志あるソーシャルビジネス・NPO・ベンチャー企業の求人情報サイト「DRIVEキャリア」から、今月も子どもや若者たちの未来をつくるお仕事を紹介します。

今月は、10代のための教育活動、アメラジアンの子どもたちへの教育、児童養護施設等を巣立つ子どもたちの自立支援、オーダーメイドの保育家具、困難な経験をした若者たちを支援する個別指導塾についてご紹介!

「今の仕事もやりがいはあるけど、もっと志を持ったおもしろい仲間たちと働きたい」「地元に帰って、子どもたちと関わる仕事はないものか」とお考えの方、どうぞお見逃しなく!

Webマーケティングで事業拡大を加速させる。サポーターと子どもたちをつなぐ担当者募集!

オススメ求人その1は 認定NPO法人カタリバ(東京都)です。

「どんな環境に生まれ育っても、未来をつくりだす力を育める社会」をビジョンに事業を展開する認定NPO法人カタリバ。

すべての10代が意欲と創造性あふれる未来をつくれるよう、探究学習プログラムの開発と提供、子どものための居場所づくり、学習支援などを展開しています。

そんなカタリバで募集しているのはWebマーケティング担当者。Web広告の運用・管理をはじめ、新たなサポーターを募るためのWebマーケティング施策を企画・立案・実施していただきます。現在、4名いるWebマーケティングチームで状況にあわせて相談、分担しながら業務を遂行していく予定です。

大きな仕事のやりがいは、これまでの経験を活かしながらカタリバの理念や活動に共感するサポーターたちと子どもたちをつなぐ橋渡しになれること。カタリバにとってサポーターを募ることはあらゆる活動の源泉であり、カタリバに関わる子どもたちを支えることにつながるのだそう。

さらに、継続的に寄付をするサポーターたちを募るには、ただ興味関心を惹くような施策ではなく、もっと根本的な問題提起や共感が求められます。その意味で、この仕事はマーケティングの本質を追求できるものだとカタリバは語ります。

信頼関係を育てていくサポーターとの最初の接点となる部分を、ほかのチームと連携しながら担うこのポジション。Webマーケティングのスキルを子どもの教育をよりよいものにするために活かしたい、カタリバの活動に関わる人の輪を広げていきたいという方、ぜひご応募を!



アメラジアンの子どもたちが希望の進路へ進めるように。中学校の教科を担当する教員募集!

オススメ求人その2は 特定非営利活動法人アメラジアンスクール・イン・オキナワ(沖縄県)です。

1998年の創立以来、非営利の民間教育施設として、アメリカ人とアジア人の間に生まれる子どもたちの教育の保障を安定的に実現できるよう活動している特定非営利活動法人アメラジアンスクール・イン・オキナワ。

創立メンバーが保護者ということもあり、生徒目線、保護者目線を大切にしたアットホームな教育が実施されています。さらに卒業後の進路、特に高等学校への進路を丁寧にサポートしています。

今回、アメラジアンスクール・イン・オキナワで募集しているのは、中学校の国語、数学、理科のうち2つの教科を子どもたちに教える教員。生徒一人ひとりの個性や多様性を尊重しながら、生徒の成長にあわせながら授業を行っていただきます。

外国人教員ともコミュニケーションを重ねながら、多角的な視点から子どもたちの成長を見守っていただく、とても重要なポジションです。

また授業は日本語と英語で行われており、多国籍の教員が在籍するなどインターナショナルな職場環境です。英語が得意な方は好きな方には特におすすめで、やりがいにもつながるのではないでしょうか。日本の中でも独自の文化を持ち、アメリカ文化も見られる沖縄で仕事を通して両方の文化を体験できる学びの多い環境でもあります。

教員の経験がなくても応募できます。勉強を通して子どもたちの進路や将来を応援し、成長を見守るこの仕事にご関心ある方、沖縄の教育の現場で自分の力を試したいという方、要チェックです!



児童養護施設等から巣立つ子どもたちの自立に伴走する支援スタッフ募集

オススメ求人その3は 特定非営利活動法人ブリッジフォースマイル(東京都)です。

児童養護施設や里親家庭で育った子どもたちは原則18歳になると一人で生計を立て、暮らしていかなければなりません。親に頼ることができず、孤立しがちな環境の中で社会のトラブルにも向き合わなければならない彼らを、特定非営利活動法人ブリッジフォースマイルは自立支援という形でサポートしています。

ブリッジフォースマイルが募集している支援スタッフの主な仕事は、子どもたちに対して自立に必要な知識や体験を届け、安心できる仲間や居場所を見つけるための様々なプログラムをボランティアとともに運営すること。

「生活するための知識がない」「相談相手がいない」「家がない」など子どもたちの悩みを見逃さずキャッチするこのプログラム。子どもや若者の視点を大切に彼らに寄り添い、課題を解決できるよう伴走していきます。

団体設立から16年目を迎えたブリッジフォースマイル。今は、次の10年を考え、少しずつ変化しながら新たに生まれ変わろうとしている段階とのこと。

親を頼れない子どもたちの自立を支えるために何ができるのか、未来を描き、社会課題を見極め、課題解決のためにどんな仕組みを作っていくのか、一緒に考え、実践する仲間を求めています。

ブリッジフォースマイルが目指すのは、子どもたちがどんな環境で生まれ育っても、夢と希望を持って笑顔で暮らせる社会。

2019年度は1,618人の子ども・若者たちがブリッジフォースマイルの自立支援プログラムに参加しました。多くの子どもたち、若者たちの成長に携わりながら、ともに喜ぶ場面にも出会えるポジションです。

企業や社会人ボランティアなど周囲と協力しながら子どもたちが安心できる関係や場を育てたい、自立して頑張る子どもや若者たちを自分の経験をもとに応援したいという方、ぜひご応募ください!



オーダーメイドのヒノキ保育家具、木製遊具を子どもたちのもとへ届ける仕事です

オススメ求人その4は 株式会社 木の里工房木薫(東京都)です。

岡山県英田郡西粟倉村に本社を置き、保育園向けの家具や遊具を製造販売している株式会社 木の里工房木薫。

大きな特徴は、西粟倉の森林を間伐するところから製品の加工・販売までを一貫して手掛けていること。西粟倉の森林を、未来を担う子どもたちに受け継いでいくために、2006年の創業から林業の六次産業化にチャレンジしてきました。

国産材にこだわったオーダーメイドの保育家具を生産するところは全国でも少なく、東京・大阪・岡山を中心に全国400以上の保育園・幼稚園に製品を納入。引き合いの数も年々増加しているそうです。

そこで今回、主要エリアである関東の営業体制を強化し、お客様へのサービスをより充実させることに。募集している営業担当の方には、東京や横浜など首都圏を中心に、子どもたちのもとへスギやヒノキの香り、ぬくもりあふれる家具を届けていただきます。

やりがいは、世界にふたつとない家具をつくりあげ、子どもたちに使ってもらうこと。

保育家具は一般の家具と違い、子どもたちがケガをしないようにエッジを立てないなど細かい配慮が必要になります。そのほかにもこだわりを一つひとつ実現していくために、お客様と対話を重ねながら、時にぶつかりながら家具をつくりあげています。

さらに、仕事を通して子どもたちと触れ合う機会が多く、自分が製作に携わった家具に囲まれながら成長していく子どもたちの姿を見守ることもできる職場環境です。

営業の経験がなくても応募ができます。西粟倉村で生まれた本物の木材の温かさを子どもたちへ伝えたいという木の里工房木薫の思いに共感された方、人とのコミュニケーションを大切にしたこのポジションで理想の仕事を実現してみませんか?



学生OK ! 不登校・ひきこもりの方を支援する学習塾の事務アルバイトを募集

オススメ求人その5は 株式会社キズキ(大阪府)です。

「何度でもやり直せる社会をつくる」という理念のもと設立されてから今年9年目を迎えた株式会社キズキ。不登校や引きこもりなど困難を経験した方などが次のステップに進むための個別指導塾「キズキ共育塾」、うつや発達障害の方の就労を支援するビジネスカレッジ等を展開しています。

そんなキズキで募集しているのは、「キズキ共育塾」の教室運営を事務面からサポートする教務アルバイトスタッフ。

悩みを抱える方やもう一度勉強したい方などからの問い合わせに対応するなど、様々な方からの連絡を受ける最初の窓口として、キズキに関心を寄せた方一人ひとりに寄り添った対応をしていただきます。

そのほか、生徒や保護者の方たちとのコミュニケーションを丁寧に行いながら、マルチタスクの業務を遂行するなど、臨機応変に考え、動くことが求められる現場です。

仕事のやりがいは、支援を求める人に直接届ける仕事ができること。キズキにはいろいろな悩みを持った子ども、若者、保護者が訪れます。一人ひとりの悩みや苦しみに直接寄り添いながら日々の仕事ができることは大きなやりがいだとキズキは語ります。

また仕事を通して「支援」について学びが深められることもやりがいにつながるのではないでしょうか。最初は寄り添った対応ができるかどうか不安があったとしても、ともに働くスタッフと連携しながら「一緒に考えていくことができる」雰囲気で仕事ができることにより、「支援」とは一人で抱え込むことではないということもわかってくるそうです。

困難な経験をした若者たちと丁寧に向き合っているキズキだからこそ、仕事を通して学べることも多いはずです。

キズキの理念に共感する方、勉強でもう一度人生をやり直したいという方たちの思いを自分の経験をもとに後押ししたい方、人に寄り添った仕事を追求したいという方、ぜひ応募をご検討ください。



※求人募集は、決まり次第終了いたします。他の教育・こども関連の求人にも関心がある方は、DRIVEキャリアをご覧ください。

Author:DRIVEキャリア
DRIVEキャリアはソーシャル・NPO・ベンチャー・スタートアップの求人情報を紹介する「世界を変える、未来を創る仕事に出会う求人サイト」です。条件面だけではなく、「働く人の思い」と「仕事のやりがい」そして「組織の目指すビジョン」を丁寧に紹介しています。運営者のNPO法人ETIC.(エティック)は、社会の未来をつくる人を育むNPO法人です。1993年の創業以来、私たちの手がける実践型インターンシップや起業支援プログラムへの参加を通して、1000人以上が起業しました。これからも企業・行政・NPOといった多様なセクターを巻き込みながら、挑戦したい人を支える仕組みづくりを続けていきます。

● これまでの求人情報の一覧

関連記事

【2020年8月】求人募集!子どもや若者の未来をつくる仕事4選

2020年8月号 vol.90

【2020年7月】求人募集!子どもや若者の未来をつくる仕事3選

2020年7月号 vol.89

【2020年6月】求人募集!子どもや若者の未来をつくる仕事4選

2020年6月号 vol.88

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年8月号 vol.90

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年7月号 vol.89

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年6月号 vol.88

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...