ひみつ基地

創刊記念号

創刊挨拶

2014年02月19日 20:10 by editorial_desk


子どもは、社会の未来です。しかしながら、変化の激しい現代において、子どもたちを取り巻く環境は必ずしも望ましいものとは言えず、様々な課題が山積しています。今こそ、それぞれの立場や役割を超えて、多様な担い手が社会総がかりで子どもの成長を支えていくことが求められています。このウェブマガジンでは、教育や福祉のみならず横断的な子ども分野に関する情報をご紹介していきます。

子どもを取り巻く問題が報じられる時、必ずと言っても良いほど親と先生、家庭と学校という二者にその責任を求められています。親や先生は、子どもたちにとって重要な存在であることは間違いありませんが、だからと言ってその責任が二者にあるということではありません。これからの社会を担っていく子どもたちの成長を支えていくということは、社会全体にとって極めて重要なことです。だからこそ、親や先生だけではない、多様な存在が子どもと関わり、その成長を支えていく必要があります。

子どもに関わることは、横断的かつ多岐に渡っています。それぞれが個別の話として終わってしまうことなく、立場や役割を超えて有益な知見やアクションを紡いでいくことこそが今、求められていることではないでしょうか?このウェブマガジンがその一翼を担うことができるように微力ながら尽力して参りたいと思います。

関連記事

世界や日本で広がる「森のようちえん」とは?-幼児の自然体験にとどまらない効果と価値

2018年1月号 vol.59

貧困状態の子どもに立ちはだかる「10歳・小4の壁」-自治体に眠るビッグデータから読み解く「子どもの貧困」

2017年12月号 vol.58

塾に行かなくても勉強できるんじゃないんですか?-「スタディクーポン」について代表者に聞いてみた!

2017年11月号 vol.57

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年1月号 vol.59

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年12月号 vol.58

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年11月号 vol.57

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...