ひみつ基地

2013年12月号 vol.10

夜の街の子ども達に耳を傾けてわかったこと-小さな相談窓口ができることで広がる可能性

2019年06月05日 15:52 by yamaguchi_masashi

悪い印象はイメージ先行の産物

「数人でたむろし、髪は茶色や金色で、語感の荒い言葉をつかって大声で会話する。たばこを吸い、唾を吐き、ごみはポイ捨てしていく。」

みなさんは、夜のコンビニの前や駅前・公園などでよく見かける、このような人たちにどんなイメージを持っているでしょうか?

「こわい」「自分とは関係がない」「何も考えてなさそう」「ただ遊んでいるだけ」などなど。色んな声が聞こえてきそうですが、そのほとんどはポジティブなものではありません。たばこを吸ったり、唾を吐いたり、荒い言葉を使ったり。真面目さとか、やさしさとかをそういうところから感じることは確かに難しいです。このことは本人たちもよく理解しています。それは、「大人はたいてい見て見ぬフリして通り過ぎていくんやけど、俺らのこと恐ないん?」と聞いてくることからも分かります。そして、もう少し話をしていれば、この悪い印象がイメージ先行の産物で、すごく表面的なものであることもすぐに分かります。   

当事者の声を聴く「ナイトクルージング」

私は、こういった人たちに声をかけて、話を聞いて回る活動を半年ほど続けています。一般社団法人new-lookを立ち上げたのが今年の5月。ですから、設立してほどなく、この活動を始めました。「夜回り」というと夜回り先生の印象が強すぎますし、ましてやそこまでの強い動機があったわけでもないので、new-lookでは、この活動を「ナイトクルージング」と呼んでいます。夜回り先生の夜回りよりもずっとライトな感じの、このナイトクルージング。初めから事業の1つとしてやろうと決めていたわけではありません。その経緯を少しお話します。

法人を設立して1カ月。まず、new-lookのメイン事業である、高校中退などからのリスタートを応援する個別学習サービス:TOB塾(とぶじゅく)が今年の6月にオープンしました。通常の学習塾でさえ、名前が広まり、顧客が定着するまでに2年程度かかると言われています。そんな中、TOB塾に高校中退者や不登校の子が続々と集まってきて、初めから忙しい盛りになることは当然ありませんでした。その代わりに、事業のことをゆっくりと考える時間が与えられました。私自身も中退経験者ですが、地域も年代も違います。また、今年の3月まで中学・高校で教員をしていたといっても、いろんな状況・理由のある中退者に関わったわけでもありません。だから、純粋に知りたかったのです。当事者たちの声を聴きたかったのです。そして、私がアプローチできる当事者はどこにいるのか。その答えの1つが夜の街でした。

夜の街にいる理由

夜の街にはいろんな子たちがいます。

家計を支えるために、月に200時間をゆうに超えるバイトをしている子や、朝から晩まで一日中身体を使って正社員として仕事に就いている子。あまり 人には言えないというお仕事をしている子など、とりあえず生きるために毎日働いている子たちがいます。この地域で出会う子どもたちの多くは予想以上に何ら かの仕事を持っていました。しかし、多くの子は言います。「この仕事はそんなに長く続けられるとは思えない」と。

頑張りたくないわけじゃない。そうやって生きていきたいわけじゃない。「ほんとは先生になりたいんだ」「理学療法士になりたかった」「高卒認定ぐら いはとりたい」「大学に行きたかった」。いろんな夢も聞こえてきました。でも、目の前には仕事のある日常がずっと流れているのです。

少しだけ考えてみてください。彼ら・彼女らが夜の街にいるのは、どうしてだろう?

そして、あなたがそうならなかったのは、どうしてだろう?

本当に甘えや遊びたい気持ち、やる気のなさだけがそうさせているのだろうか?

夜の街で出会う子たちがすべて良い子かどうかは分からないです。ナイトクルージングという、その子にとっての非日常な一期一会の中では判断できない という意味で。そして、甘えであったり努力が足りなかったり、ただ遊びたかったりする子も、もちろんいると思います。しかし、すべてをそれだけで片付けら れるものではありません。

まだじっくりとヒアリングすることができていないのですが、穏やかでない生活状況・家庭環境を感じることもあります。しかし、夜の街でふらっと出会った一見さん相手に、友達のいる前であれこれ不幸をひけらかしたりはしないでしょう。

これについて深めていくのはこれから。つながりの中で少しずつ探っていきたいと思っています。

小さな窓口を開くこと

ナイトクルージングを始めてみると、これがとても興味深く・意義深く・果てしない活動であることがすぐに理解させられました。彼ら・彼女らが転職や進学、将来を考えたとき、現実的な選択肢はそれほど多くないでしょう。その上、相談できる場所も知らないのです。

そして、夜の街では多くの大人たちに見て見ぬフリをされ、関わってくる大人といえば、口を開けば注意や補導、そして、お説教と下心。そんな危うい立ち位置の中で彼ら・彼女たちは生きていることが分かります。

私にできることは限られています。それは、彼ら・彼女たちとのつながりを持つこと。何らかのアクションを起こそうとしたときに使える、小さな窓口を開くことです。そして、そこから必要な場所とつながってもらうことです。ただそれだけなのです。

まだまだ始まったばかりの「ナイトクルージング」。続きはまた機会を改めて。

一般社団法人new-look 代表理事 山口真史

「高校中退」という問題は、責任が本人に転嫁されがちで目に見えにくく分かりにくい問題なのかもしれません。しかし「高校中退」に関わっていくと、ニートや引きこもり、子どもの貧困、DVや虐待、非行や暴行などといった世の中に溢れている様々な社会問題と隣り合わせの状況にある人と多く出会います。「高校中退」と向き合うことは社会問題と向き合うことなのです。

一般社団法人new-lookでは、高校中退者に対して、高卒認定などの資格や大学や専門学校への進学、就職のための準備など、新しい自分だけの生き方をサポートしています。ぜひ、new-lookの活動をご支援ください。

関連記事

子ども虐待のない社会をつくるために(前編)~子どもの権利と体罰禁止。しつけに暴力は必要ない。

2019年8月号 vol.78

スタディクーポンで子どもの教育格差を解消する(前編)~課題を社会に発信し、共感と支援の輪を広げる

2019年7月号 vol.77

大学無償化が高等教育の「毒まんじゅう」となる危険な理由~限られた「所得制限」と非合理的な「要件確認」がもたらす問題とは?

2019年6月号 vol.76

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年8月号 vol.78

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年7月号 vol.77

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年6月号 vol.76

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...