ひみつ基地

創刊記念号

なぜ、アナタの話は子どもに伝わらないのか?

2017年02月08日 18:38 by editorial_desk


アナタが子どもたちの前に立って話す時、子どもたちはどんな様子で話を聞いていますか?違う方向に顔が向いていたり、下で砂いじりをしていることはありませんか?子どもたちは、とても飽きやすく、理解できる言葉も限られます。子どもの前で話をするということは、どんな取引先の重役の前でプレゼンテーションをするよりも難しいことなのかもしれません。今回は、子どもの前で話す際に押さえておくべき3つの注意すべき点について述べたいと思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どものイヤイヤ期に寄り添うために、トコトン大切にしたい4つのこと-その場しのぎにならない接し方を考える

2016年12月号 vol.46

子どもの成長過程に思春期や反抗期がある本当の理由-小手先のノウハウよりも知っておくべき一つのこと

2015年11月号 vol.33

子どもの仲間同士や親子の対立をちからに変える-お互いの考えを尊重し、意見が違うことを楽しむために

2015年09月号 vol.31

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年1月号 vol.59

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年12月号 vol.58

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年11月号 vol.57

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...