ひみつ基地

2014年5月号 vol.15

もし、自分や子ども・若者が「五月病」になってしまったら -「五月病」の原因・症状と治し方・対策とは?

2017年02月08日 17:36 by sari_yamamura

新年度になる4月が過ぎましたが、進学・新社会人・異動など、新しい環境で頑張っている方も多いのではないでしょうか?この時期、真面目に頑張っている人がかかりやすいのが、いわゆる「五月病」です。やる気が起きない、体がだるいなどの症状が現れます。「五月病」は正式な病名ではなく、病院に行くと「適応障害」「軽度のうつ」といった診断をされることもある病気です。

ちなみに「五月病」というのは、調べた限り日本にしかないもののようです。諸説ありそうですが、1つには日本は環境の変化が4月に集中しており、症状が5月に一斉に出るからというのがあるようです。また、研修後5月から配属先に行く新社会人は、6月に症状が出ることから「六月病」とも呼ばれています。そう考えると、新しい環境に身を置く、新しい取り組みをするという時には、5月に限らず「五月病」の危険性がありそうです。今回は、5月に限らずこの「五月病」の症状が出た時に、自分や周りの人がどのように対応したらよいかをご紹介していきます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どものイヤイヤ期に寄り添うために、トコトン大切にしたい4つのこと-その場しのぎにならない接し方を考える

2016年12月号 vol.46

子どもの成長過程に思春期や反抗期がある本当の理由-小手先のノウハウよりも知っておくべき一つのこと

2015年11月号 vol.33

子どもの仲間同士や親子の対立をちからに変える-お互いの考えを尊重し、意見が違うことを楽しむために

2015年09月号 vol.31

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年09月号 vol.55

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年08月号 vol.54

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年07月号 vol.53

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...