Eduwell Journal

2014年5月号 vol.15

単純な土曜授業の復活は無意味である-「授業時間の増加=学力向上」というデタラメな神話

2017年02月08日 17:37 by eduwell_journal

◆「授業時間の増加=学力向上」という論理は本当か?

完全学校週五日制が平成一四年からスタートし、12年が経ちました。段階的に第二土曜日が休みとなり、次に第四土曜日も休みとなり、完全に土曜日が休みとなりました。この頃から「ゆとり教育」という言葉も広がりました。今の子はそれが当たり前となりましたが、「子どもの頃は、土曜日に学校があった」という方も多くいらっしゃると思います。昨今、子どもの学力向上のために、土曜日の授業を復活させ、授業時間数を増やせば良いという話をよく伺います。「授業時間の増加=学力向上」という論理は、本当なのでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

LINEやZoomで専門家に子どもの発達相談が気軽にできる!-最適な支援につなげる!オンライン発達相談サービス「kikotto」

2021年3月号 vol.97

いかにして経済的な事情を抱える子どもの「食」を支えるか?(後編)-まち全体で子どもの「食」を支える新たな取り組み「Table for Kids」

2021年1月号 vol.95

コロナ禍における子ども・若者のソーシャルワークとは?(後編)-自分で決めることを支えるエンパワメント・アプローチ

2020年12月号 vol.94

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年3月号 vol.97

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2021年2月号 vol.96

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2021年1月号 vol.95

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...