Eduwell Journal

2014年5月号 vol.15

単純な土曜授業の復活は無意味である-「授業時間の増加=学力向上」というデタラメな神話

2017年02月08日 17:37 by eduwell_journal

◆「授業時間の増加=学力向上」という論理は本当か?

完全学校週五日制が平成一四年からスタートし、12年が経ちました。段階的に第二土曜日が休みとなり、次に第四土曜日も休みとなり、完全に土曜日が休みとなりました。この頃から「ゆとり教育」という言葉も広がりました。今の子はそれが当たり前となりましたが、「子どもの頃は、土曜日に学校があった」という方も多くいらっしゃると思います。昨今、子どもの学力向上のために、土曜日の授業を復活させ、授業時間数を増やせば良いという話をよく伺います。「授業時間の増加=学力向上」という論理は、本当なのでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

自立援助ホームの開設や運営に必要なこととは?―家庭や施設で暮らせない若者の自立を支える「最後の砦」

2020年8月号 vol.90

コロナの影響で中止になった海外留学の再開の見通しは?―コロナ禍の海外留学で注意すべき点と今できること

2020年8月号 vol.90

なぜ、子どもの放課後プログラムが「学校化」するのか?-ユースワークの立場から考える学校教育と余暇の距離感

2020年8月号 vol.90

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年8月号 vol.90

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年7月号 vol.89

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年6月号 vol.88

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...