ひみつ基地

2013年04月号 vol.2

ボランティアでも罪に問われます

2017年02月08日 18:37 by editorial_desk



もし、ボランティア活動中に事故が起こってしまった時、その責任は問われるのでしょうか?答えは、有償・無償に関わらず、その法的責任が生じます。ボランティアだからということでその責任が免除されることはありません。

子どもに関わるボランティアは、地域社会の中でも多岐に渡って行なわれていますし、学生団体によっても行なわれていますが、そのリスクマネジメントについて適切に考えられている組織は少ないと思います。清掃活動などのボランティアに比べて、リスクが高いのは間違いありません。「気軽さ」を打ち出している組織も拝見しますが、ボランティアの内容によっては、けして気軽に済まない場合もあります。

今回の記事では、ボランティア活動中に事故があった場合に、具体的にどのような責任が問われるようになるのか実際にあった裁判の判例をもとにお伝えし、リスクマネジメントの重要性について考えたいと思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校から切り離した新しい部活動のあり方とは? -地域頼みの制度では成り立たずに消滅する

2018年1月号 vol.59

罪を犯した少年の社会復帰を支える法務教官とは?-保護者が実父母は3割前後。少年の親のような存在に

2018年1月号 vol.59

受験がないカナダの放課後の過ごし方-様々な体験から非認知能力を伸ばす放課後に

2017年12月号 vol.58

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年1月号 vol.59

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年12月号 vol.58

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年11月号 vol.57

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...