Eduwell Journal

2014年6月号 vol.16

行方不明の子どもが乳幼児で四千人超、小中学生で一千人超-10年間子どもが失踪してもわからない日本社会

2017年02月08日 17:28 by eduwell_journal


神奈川県厚木市で死後7年以上が経って男児の白骨遺体が見つかる大変に痛ましい事件があり、「居所不明児童・生徒」のことが再び話題になっています。2012年にも大阪府富田林市で男児が行方不明になっている事件が10年も経ってから表面化して話題になっていました。残念ながらこのような事件は後を絶ちません。「居所不明児童・生徒」に関する話は、何年も経過して大きな事件になって明らかになっており、報道されるようなケースは氷山の一角でしかありません。原因・理由は、DV(ドメスティックバイオレンス)などで住民票を残したまま身を隠している-ケースもありますが、虐待などで親や親族が隠蔽するケースもあります。日本のこのような子ども達の実態は一体どのようになっているのでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

高校の「総合的な探究の時間」で必ずぶつかる3つの壁とは?-はじめてからが勝負!実践例から学ぶ指導と授業のポイント

2020年3月号 vol.85

家庭や学校でも役立つ!性教育の無料動画「AMAZE」とは?-動画教材の活用で日本の性教育の未来が変わる!

2020年2月号 vol.84

民間フリースクールへ補助金等の公的な支援が難しい理由-「公の支配」に属さない教育事業に対する憲法89条の壁

2020年1月号 vol.83

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年3月号 vol.85

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年2月号 vol.84

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2020年1月号 vol.83

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...