Eduwell Journal

2014年7月号 vol.17

いじめや不登校が急増する「中1ギャップ」-学制改革・小中一貫教育で本当に解消できるのか?

2017年02月08日 17:19 by eduwell_journal


「這えば立て立てば歩めの親心」という諺がありますが、子どもが色々な壁を乗り越えて一つひとつ物事ができるようになっていく姿は、親のみならず嬉しいことです。子どもは、何度も試行錯誤を繰り返しながら、色々な課題を乗り越えて成長していきます。はじめからすべてが上手くできる子などいません。特に課題にぶつかりやすいのは、幼稚園から小学校、小学校から中学校、中学校から高校とコミュニティ・環境が変わるタイミング(移行・接続)です。これは、子どもだからということではなく、大人でも仕事や職場が変わる時に感じる不安と期待と同様です。この中でも、子どもにとって、特に大きな壁となるのはいつかと質問されれば、間違いなく中学1年生であると思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

コロナ禍に必要な発達障害の子どもと親の支援とは?-家庭状況に応じた支援ができる柔軟な制度運用の継続を

2020年7月号 vol.89

学校のオンライン学習の種類やメリット・デメリットとは?-ライブ配信型と動画配信型の学習スタイルを考える

2020年7月号 vol.89

オンライン学習がもたらす学びの自立化や個別最適化-オンライン学習は休校期間中の授業の代替手段ではない

2020年7月号 vol.89

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年7月号 vol.89

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年6月号 vol.88

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年5月号 vol.87

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...