ひみつ基地

2014年12月号 vol.22

なぜ、日本の教育改革は遅々として進まないのか?-変化の激しい時代にいつまでも時代遅れの教育が続く理由

2015年11月10日 11:59 by ymenjo

教育は、農業や林業のようなもの。ひとつの方針をきめたら、その方針でしっかりと1年間の教育を実践し、そこで生まれた成長を、年輪を積み重ねるがごとく、年をおうごとに促進していくことが不可欠です。

政治が変わることで、コロコロ方針が変わっては、成果がでるはずのものも出なくなるため、教育には、政治から一定の距離をおき、一度決めたら、変わりにくくするための仕組みが組み込まれています。それが、地方では教育委員会制度であり、国においては中央教育審議会(以下、中教審)という仕組みがあります。

しかしながら、この中教審は、日本の教育の方針を決めていく重要な審議会であるにも関わらず、その位置づけや中身はあまり知られていません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

日本では当たり前?子育ての「暗黙のルール」に困る外国人保護者-外国人保護者の「あるある話」で終わらせてはいけない

2017年09月号 vol.55

高校中退のひとり親の学び直しを支える-将来の選択肢を広げる!学び直しを阻むいくつものハードルとは?

2017年08月号 vol.54

無料塾の目標・成果を「学力向上」や「高校進学」にするな!-「社会的自立」を阻害する高校以降の三大リスクとは?

2017年07月号 vol.53

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年09月号 vol.55

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年08月号 vol.54

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年07月号 vol.53

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...