ひみつ基地

2013年05月号 vol.3

なぜ、アナタの注意は子どもに伝わらないのか?

2017年02月08日 18:36 by editorial_desk


子どもが意図的に間違った行為をしている時、アナタは親として指導者としてきちんと子どもに適切な対応をとることはできますか?楽しい時は良いけれど、いざという場面で適切な言動を取ることができるかは、子どもとの信頼関係を築いていくためにもとても大切です。「子どもから嫌われないために」、「対応することが面倒だから」と我関せずのような態度を取る人は論外であり、最終的に子どもにマイナスの影響を与えることになるでしょう。

しかしながら、「子どもに何度も繰り返し注意をしても伝わらない」という話を保護者や指導者の方からよく伺います。対象とする子どもの年齢によっても注意の仕方は異なってきますが、土台となる考え方は同じです。一体どのようにすれば子どもに注意を受け止めてもらえるのでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どものイヤイヤ期に寄り添うために、トコトン大切にしたい4つのこと-その場しのぎにならない接し方を考える

2016年12月号 vol.46

子どもの成長過程に思春期や反抗期がある本当の理由-小手先のノウハウよりも知っておくべき一つのこと

2015年11月号 vol.33

子どもの仲間同士や親子の対立をちからに変える-お互いの考えを尊重し、意見が違うことを楽しむために

2015年09月号 vol.31

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年1月号 vol.59

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年12月号 vol.58

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年11月号 vol.57

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...