Eduwell Journal

2013年05月号 vol.3

「学校外教育バウチャー」で教育格差は解決できるのか?~すべての子ども達の教育機会を保障する新しい仕組み~(3)

2017年02月08日 18:36 by eduwell_journal


昨今、大阪市や被災地で注目を集めている「学校外教育バウチャー」の仕掛け人でもある一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン代表理事である今井悠介氏をお招きし、「『学校外教育バウチャー』で教育格差は解決できるのか?~すべての子ども達の教育機会を保障する新しい仕組み~」と題した公開セミナーを実施いたしました。今回のレポートでは、2012年11月3日に江東区亀戸文化センターで開かれた本セミナーの詳細について連載でご報告をいたします。今回は、第三回目(最終回)の連載になります。

<今井悠介プロフィール>
1986年8月10日 神戸出身 26歳
1995年1月17日 阪神淡路大震災発生(神戸で被災)
2009年3月    関西学院大学入学・NPO法人ブレーンヒューマニティーで不登校の子ども支援
2009年4月    日本公文教育研究会(KUMON)入社、池袋局配属
2011年3月11日 東日本大震災発生
2011年7月 日本公文教育研究会退職
2011年8月 チャンス・フォーチルドレン設立のため東北へ
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

オンライン教育の利用が難しく、学習や進路への不安を抱える-生活困窮世帯における新型コロナの影響調査レポート

2020年7月号 vol.89

新型コロナウイルス感染症予防の学校再開ガイドラインを読み解く-学校再開後の授業や学校行事はどう変わるのか?

2020年6月号 vol.88

韓国の学校や市民が取り組む「民主的な教育」とは?④-平和教育の「PEACE MOMO」。進路を拓く「クリキンディセンター」

2020年6月号 vol.88

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年8月号 vol.90

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年7月号 vol.89

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年6月号 vol.88

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...