ひみつ基地

2015年1月号 vol.23

英語力ゼロでも英語を習得できるカナダの教育制度とは?-グローバル人材の育成に成功した多民族共生国家

2017年02月08日 13:46 by miwa_csuka


昨今、日本でも英語力の重要性、並びに日本で生活されている留学生や外国人へのサポートの重要性が取り上げられています。多くの大手企業も公用語を英語にしたり、小学校でも英語教育の導入がはじまりました。さらに、文部科学省もグローバル人材育成のため、国際バカロレア(IB)を推進したり、多くの教育委員会も諸外国の学校との提携にも力を入れるようになりました。高校や中学校で留学する学生に奨学金を出す都道府県も増えてきています。

英語が使えたら地球上の80%の国で生活出来ると言われています。日本もこれから国際社会で活躍できるグローバル人材を育成していくためにも英語力、国際人力を伸ばしていく必要が出てきました。カナダはもともとが移民の国ですので、国としての歴史は浅いのですが、英語教育、グローバル人材育成、移民受け入れの観点からみると大変に進んでいます。そうしないと国として社会が成り立たないからです。

カナダは多民族国家であり、資源国家ですので、世界を舞台に仕事をするのがあたり前の社会です。そんなカナダの取り組みから日本社会が学ぶこともたくさんあると思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

一歩踏み込んだ次の「子どもの貧困対策」とは?-「対子どもだけ」から「対家庭」へ支援を広げて深める

2017年09月号 vol.55

事故でも病気でもない!若者の死因の第一位が「自殺」という国-子どもや若者を行き詰まらせないために必要なこと

2017年09月号 vol.55

広がらない学校教員の社会人採用・中途採用の現状-「学校」しか知らない先生ばかりで良いのか?

2017年08月号 vol.54

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年09月号 vol.55

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年08月号 vol.54

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年07月号 vol.53

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...