ひみつ基地

創刊記念号

「学校外教育バウチャー」で教育格差は解決できるのか?~すべての子ども達の教育機会を保障する新しい仕組み~(1)

2017年02月08日 18:38 by editorial_desk


昨今、大阪市や被災地で注目を集めている「学校外教育バウチャー」の仕掛け人でもある一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン代表理事である今井悠介氏をお招きし、「『学校外教育バウチャー』で教育格差は解決できるのか?~すべての子ども達の教育機会を保障する新しい仕組み~」と題した公開セミナーを実施いたしました。今回のレポートでは、2012年11月3日に江東区亀戸文化センターで開かれた本セミナーの詳細について連載でご報告をいたします。

<今井悠介プロフィール>
1986年8月10日 神戸出身 26歳
1995年1月17日 阪神淡路大震災発生(神戸で被災)
2009年3月    関西学院大学入学・NPO法人ブレーンヒューマニティーで不登校の子ども支援
2009年4月    日本公文教育研究会(KUMON)入社、池袋局配属
2011年3月11日 東日本大震災発生
2011年7月 日本公文教育研究会退職
2011年8月 チャンス・フォーチルドレン設立のため東北へ
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

多様な教育の博覧会「エデュコレ」に行ってみた!-従来の枠組みにとらわれない新しい教育が一堂に会する

2017年12月号 vol.58

積極的な「アウトリーチ」で、非行を未然に防ぐ取組みとは?-被害者・加害者のどちらも生み出さないために

2017年08月号 vol.54

大学生や社会人にオススメ!過疎地の農業を支援する援農ボランティア-都市と田舎をつなぐ新しい交流のカタチ

2017年03月号 vol.49

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年1月号 vol.59

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年12月号 vol.58

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年11月号 vol.57

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...