ひみつ基地

2015年6月号 vol.28

日本の教育の大転換!?義務教育の多様化・自由化がはじまる!-学校だけが義務教育の担い手ではない時代へ

2018年04月09日 17:06 by editorial_desk

義務教育=小学校、中学校が担うという時代が終わろうとしています。一定の条件をクリアすれば、家庭学習やフリークールでの学習活動が義務教育課程での学びとして認められるようになろうとしています。NPO・市民団体が大小と問わず自由に学びの場を作り、義務教育を担うことができるようになる日も近いかもしれません。これは、日本の戦後教育の大転換といっても良いほどの出来事です。なお、これまでのフリースクールの状況を知りたいと言う方は、以前の記事をご確認ください。(2014年12月号 vol.22:目指しているのは、再登校か?オルタナティブ教育か?-日本のフリースクール・フリースペースの現状と課題

昨年9月には、安倍首相がフリースクール「東京シューレ」を視察し、文部科学省には「フリースクール等プロジェクトチーム」が設置されました。昨今では、超党派の両議連での動きも活発化しており、議員立法としての制定も現実化しつつあります。今回の記事では、現在どのような仕組みが構想され、どのような可能性と問題点があるのか整理したいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

なぜ、世の中がおじさんばかりに牛耳られているのか?~大人の社会の問題や欺瞞を、子どもに包み隠さない北欧の教育

2018年6月号 vol.64

スウェーデンのNPOが教える「いじめ」を撲滅する方法とは?(前編)~当事者がいじめ対策の計画を作り、PDCAサイクルをまわす!

2018年6月号 vol.64

親子で学び合うハイブリッドスクーリングとは?~学校と学校外の学びを組み合わせた教育方法

2018年4月号 vol.62

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年6月号 vol.64

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年5月号 vol.63

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年4月号 vol.62

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...