ひみつ基地

2015年7月号 vol.29

ハードルも高いが質も高い!カナダの教員養成の仕組みとは?-幅広い知識と社会経験を重要視する採用育成

2015年08月10日 16:55 by miwa_csuka

日本の学校教育をより良くしていくために教員養成のあり方は、議論の欠かせないテーマの一つです。学校で教える内容・方法が徐々に変わりつつある中、教師を育てていくための内容・方法も変化を求められています。教員の不祥事や批判などもたびたび報道される中、日本の2014年度公立学校教員採用選考試験の競争倍率は、1994年度以降で最低を記録し、教員になろうという人も少なくなっているようです。では、他国の教員養成はどのようになっているのでしょうか?カナダで留学支援と教育システムの研究・広報活動を行っている美和チュッカさん(Westcoast International Education Consulting)よりカナダの教員養成についてご紹介を頂きました。


(photo:Prepare for Canada

「Education is not just a vendor of information, it is a vendor of inspiration!」(教育はただ情報を伝えるだけではありません。学生の好奇心を湧せることです。)
こちらは、主人がとても尊敬している理科の恩師であるマックビカー先生のお言葉です。主人は先生との出会いから教師になることを決めました。マックビカー先生の授業は、夜中に光る微生物を見学しに行ったり、サーモンの稚魚の放流をしたり、 豊富な知識とたくさんの体験学習を盛り込んでいて、大自然と学生をつなげるような素晴らしい授業だったそうです。

私もカナダで留学生のサポート業務をさせて頂く中で100校以上の学校を訪問し、多くの素敵な先生にお会いしました。今回はカナダで先生になるまでのステップをお話します。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

一歩踏み込んだ次の「子どもの貧困対策」とは?-「対子どもだけ」から「対家庭」へ支援を広げて深める

2017年09月号 vol.55

事故でも病気でもない!若者の死因の第一位が「自殺」という国-子どもや若者を行き詰まらせないために必要なこと

2017年09月号 vol.55

広がらない学校教員の社会人採用・中途採用の現状-「学校」しか知らない先生ばかりで良いのか?

2017年08月号 vol.54

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年09月号 vol.55

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年08月号 vol.54

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年07月号 vol.53

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...