ひみつ基地

2015年10月号 vol.32

学校へ行かずに考える時間も子どもの成長とって大事な時間-不登校生の保護者会「ぼちぼちの会」会長・木村素也氏インタビュー(後編)

2015年11月10日 12:11 by editorial_desk

福岡県福岡市で38年にわたる教員生活を送り、その間に立ち上げた『不登校支援の親の会』の活動をサポートし続けている元能古中学校校長の木村素也先生。先月掲載の前編(不登校で悩む当事者と家族が支え合うコミュニティを築く!)に続き、後編では不登校と向き合う保護者、学校教員、支援者それぞれの立場からのご質問に答えます。

「僕はずっと教員でしたので、学校の先生からの質問は身内に答える感覚があります。ただ気をつけなければいけないのは、保護者や子どもにとっては『学校に行く、行かない』、教員にとっては『学校に来る、来ない』という視点の違いがあることです。この視点を踏まえながら質問にお答えしました」

不登校対応に悩みを抱えている方々の、明日のヒントがあるかもしれません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学力の問題は、大阪の子どもの抱える問題の氷山の一角~今、大阪市の現役小学校教諭が伝えたいこと

2018年10月号 vol.68

学力テストの結果を校長や教員のボーナス、学校予算に反映する危険~3名の識者が語るリスクと公教育として取るべき施策とは?

2018年9月号 vol.67

自閉症の子どもを保護者と共に療育で支える(後編)~一人ひとりの子どもに合った療育をオーダーメイドで実践

2018年8月号 vol.66

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.68

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年9月号 vol.67

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年8月号 vol.66

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...