ひみつ基地

2015年10月号 vol.32

世界一多忙な日本の先生が一番負担に感じていること-本務の子どもの指導に集中できない原因とは?

2016年10月09日 22:30 by editorial_desk


2014年6月に発表されたOECD・国際教員指導環境調査から、日本の教員の勤務時間は34の国と地域の中で最も長いことが明らかになり、(日本53.9時間、参加国平均38.3時間)各メディアでも教員の多忙ぶりが報道されるようになりました。

この調査を受けて行われた文部科学省の平成26年度「教職員の業務実態調査」では、全国の公立小中学校の教諭の1日平均在校時間は、小学校で11時間35分、中学校で12時間6分に上り、副校長・教頭の平均在校時間は小学校が12時間50分、中学校が12時間53分で、小中学校とも校長や教諭より1時間前後長くなっていました。一方で、先述のOECD調査では、「教職は社会的に、高く評価されていると思う」と答えた割合で、日本は参加国平均(30.9%)を下回る28.1%であり、世界一多忙だが社会的に評価されていないと考える教員の現状も明らかになりました。では、学校の先生は、実際にどのようなことに時間がかかり、負担を感じているのでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校から切り離した新しい部活動のあり方とは? -地域頼みの制度では成り立たずに消滅する

2018年1月号 vol.59

罪を犯した少年の社会復帰を支える法務教官とは?-保護者が実父母は3割前後。少年の親のような存在に

2018年1月号 vol.59

受験がないカナダの放課後の過ごし方-様々な体験から非認知能力を伸ばす放課後に

2017年12月号 vol.58

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年1月号 vol.59

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年12月号 vol.58

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年11月号 vol.57

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...