ひみつ基地

2015年11月号 vol.33

子どもの成長過程に思春期や反抗期がある本当の理由-小手先のノウハウよりも知っておくべき一つのこと

2015年11月10日 11:44 by editorial_desk

思春期や反抗期の子どもの関わり方に関する書籍やウェブサイトをよく拝見します。国語辞典(大辞林)で意味を調べると、思春期は、「児童期から青年期への移行期。もしくは青年期の前半。第二次性徴が現れ、異性への関心が高まる年頃」(大辞林)、反抗期は「自我の発達過程において、周囲のものに対して否定的・反抗的態度が強く表れる時期。自我が発達してくる三、四歳頃のそれを第一反抗期、自我の独立を求める青年期初期のそれを第二反抗期という。」と出てきます。子どもが小学校高学年や中学生に差し掛かったあたりから段々と「これまでと違うぞ」と感じる機会が増え、乳幼児期の次に親が悩みを抱えやすいのがこの時期なのだと思います。

私はこれまでに不登校や非行など思春期に課題を抱えて悩んでいる多くの子どもや親と出会ってきました。書籍やウェブサイトでは、「こうやって対応すれば良い」というような小手先のノウハウがよく書かれていますが、思春期や反抗期に対する根本的な理解がないままに、実践してもけして上手くいくことはありません。子ども達は賢いので、親がそういった情報を見て自分の対応をしていることをよくわかっています。そういった親を見て「本当にうざい」「気持ち悪い」と言う子ども達の声をたびたび聞くことがあり、よく親と子どもの齟齬を感じます。今回の記事では、身体的な成長だけではない、子どもの成長過程に思春期や反抗期がある本当の理由についてご説明したいと思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの対話や主体的な学びを阻害する4つの「症候群」とは?-教育現場での振り返りや対話を深める!ファシリテーションのヒント

2019年11月号 vol.81

中学生・高校生のためのボランティアの探し方・選び方-ボランティアでミスマッチしないためのポイント

2019年10月号 vol.80

子どもの成功体験をデザインする!エラーレスラーニングのすすめ-「誤りや失敗をさせない」学習方法とは?

2019年3月号 vol.73

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年1月号 vol.83

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年12月号 vol.82

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年11月号 vol.81

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...