ひみつ基地

2017年06月号 vol.52

記者: kimi

多文化共生子どもサポート団体「感環自然村」(NPO法人申請中)代表。
通訳/翻訳家

‘68新潟生まれ。
南イリノイ大学農学部森林学部野外教育科卒
J.A.ローガンカレッジ救急救命士過程卒
イリノイ大学消防大学卒
米国消防士/救急救命士

幼少期から野外活動に親しみ、ボーイスカウト活動に15年携わる。
高校卒業後渡米費用捻出のため就職し、22歳で渡米。
米国イリノイ州立南イリノイ大学で野外教育を学ぶ傍ら、J.Aローガンカレッジにて救急救命学を学び、同国にて救急救命士国家資格を取得。
大学卒業後、米国消防署にて救急救命士/消防士として勤務。その間Touch of Nature野外学校でのインストラクターも兼務。
2000年、10年間の米国在住を終え帰国。
帰国後通訳として働く傍ら飯田市からの委託で子どもキャンプ企画運営に携わり、
南信州こども体験村を立ち上げる。県外の子ども達1500人に野外体験キャンプを提供。
2010年、地域の子ども達が言語、国籍に関係なく集える場として感環自然村設立。
同団体代表職と共に通訳翻訳業も行っている。
2011年3月から続く被災地支援活動ではつなプロエリアマネージャーとして避難所でのアセスメントを行い、特別支援が必要な人物を専門家と繋ぐ活動を皮切りに、現在は気仙沼大島児童館と小中学校を中心に子ども育成サポートを行っている。
昨年からはシアトルマリナーズやディスカバリーチャンネルとの仕事を通し、被災地サポートを海外に繋ぐ活動を続けている。

主な通訳歴
ニューヨークヤンキース、ボストンレッドソックス、シアトルマリナーズ、
ディスカバリーチャンネル、国際スキー連盟ワールドカップ、イリノイ州政府森林局、
FIPS国際会議、その他多数

講演会
福島県立郡山高校、県立会津若松学鳳中学校、新潟市立坂井輪中学校、
飯田市立三穂保育園、飯田市立三穂小学校、オーガニックの店「てくてく」、
アートハウス、開善寺、その他

講義
近畿大学ボランティア論、国際アウトドア専門学校野外救急法、飯田市風越高校国際教養科 

記事一覧

世界の放課後から日本の放課後を考える(後編)-遊びの中で学ぶことを大切にしているフィンランド (2016/12/02 16:46) from 2017年1月号 vol.47      Like
世界の放課後から日本の放課後を考える(前編)-個を優先するアメリカとコミュニティの中で過ごすカナダ (2016/11/07 11:28) from 2016年12月号 vol.46      Like
世界に誇る食習慣を育む日本の学校給食-好きな物だけ食べてあとは残しても良し!?アメリカの学校給食事情 (2015/02/20 11:00) from 2015年4月号 vol.26      Like
学校で子どもが掃除するのは当たり前ではない-世界の教育をリードする日本の学校清掃 (2014/04/29 11:36) from 2014年6月号 vol.16      Like
日本と世界から見る子どもが将来なりたい職業とは?-子どもの憧れの職業が映し出す大人の姿 (2013/11/28 14:13) from 2014年1月号 vol.11      Like

バックナンバー(もっと見る)

2017年05月号 vol.51

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年04月号 vol.50

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年03月号 vol.49

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...