ひみつ基地

2017年04月号 vol.50

記者: ymenjo

1972年、愛知県出身。名古屋大学工学部情報工学科卒業。名古屋大学大学院人間情報学研究科修了後、1999年より愛知市民教育ネットを立ち上げ、2001年にNPO法人化、代表理事に就任。学校と地域の間をつなぐ「教育コーディネーター」の事業を立ち上げ、先駆者としての実績をつくる。 2005年より経済産業省「地域自立・民間活用型キャリア教育プロジェクト」を愛知県瀬戸市において実施、2007年より同プロジェクトの全国のキャリア教育モデル地区の実践を取りまとめる中核コーディネーターとして活動し、「キャリア教育ガイドブック」(学事出版刊)にまとめた。その後、「キャリア教育コーディネーター」の評価・認定制度を、経済産業省とともに理論設計と構築を行った。このことによって、現在は「キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会」として認定試験が全国で行われている。その後、すべての若者が明日の社会の担い手になるための架け橋=アスバシを提唱。「一般社団法人アスバシ教育基金」を設立し、寄付を集め、若者の心に火をつける教育(ユースアクティベーション)へ社会投資を集める仕組みづくりに挑んでいる。

<受賞歴>
2001年 読売教育賞・地域教育部門最優秀賞
2001年 上月情報教育賞 優良賞
2006年 第50回日本青年会議所人間力大賞
2007年 第5回パートナーシップ大賞
2008年 愛知環境賞
2008年 経済産業省コミュニティビジネス55選 
2009年 社会経済生産性本部ハイ・サービス300選

<これまでにつとめた政府・自治体の各種諮問委員>
2009~2010年 愛知県産業労働計画策定委員会
2007~2008年 愛知県・「新しい政策の指針フォローアップ会議」
2008~2009年 愛知県教育委員会 キャリア教育推進委員会
2007年 首相官邸「教育再生会議」
2006年 内閣府「キャリア教育等に係る有識者との懇談会」
2005年 川崎市教育委員会 専門アドバイザー会議
2003~2004年 愛知県「愛知の教育を考える懇談会」
<著書>
「民意民力」(東洋経済新報社、共著)
「実践!アカデミックディベート」(ナカニシヤ出版、共著)

記事一覧

安易な「給付型奨学金」導入で見えなくなる本質的な日本の教育問題とは?-キャリア教育と10代から働ける環境の再構築こそ急務 (2016/06/13 18:57) from 2016年08月号 vol.42      Like
子どもの貧困連鎖の問題は、単なる「無料塾」をいくら作っても不十分!-支援への依存を助長する危険性あり (2015/09/17 17:58) from 2015年11月号 vol.33      Like
なぜ、日本の教育改革は遅々として進まないのか?-変化の激しい時代にいつまでも時代遅れの教育が続く理由 (2014/10/09 12:11) from 2014年12月号 vol.22      Like
「復興」という特別な予算が見え難くさせるもの-本質的な課題を歪ませる「復興予算」の現実 (2014/01/21 13:52) from 2014年3月号 vol.13      Like
「経済・希望格差を超えるための教育環境」の作り方-若者一人を無業者にすれば、最低4,600万円以上の損失! (2014/01/10 19:58) from 2014年2月号 vol.12      Like
日本の若者の不安定就労問題が深刻化し続ける理由-場当たり的な「就労対策」ばかりでは未来はない (2013/11/27 15:21) from 2014年1月号 vol.11      Like

バックナンバー(もっと見る)

2017年03月号 vol.49

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...

2017年2月号 vol.48

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...

2017年1月号 vol.47

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...