ひみつ基地

2017年11月号 vol.57

記者: yumeno_nito

yumeno_nito

(記者)

女子高校生サポートセンター・一般社団法人Colabo代表理事。
家庭や学校に居場所や社会的なつながりを失った高校生を「難民高校生」と呼び、少女の自立支援を行っている。

著書:
■『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル』(英治出版2013.3)
■『女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち』(光文社新書2014.8)。

1989年、東京都町田市生まれ。中学生の頃から「渋谷ギャル」生活を送る。高校中退後、予備校で出会った故・阿蘇敏文氏(牧師・講師)に知遇を得て農業、国際活動に触れ社会活動を始める。
2009年明治学院大学社会学部に進学。友人らが路上を彷徨う生活から抜け出せずにいることから高校生に目を向けた活動を始める。

2011年5月「Colabo」を立ち上げ、被災地の中高生や地元企業との協働プロジェクトを実施。宮城県女川高校と開発した支援金付菓子「たまげ大福だっちゃ」は3カ月間で約4万個売り上げた(現在も大沼製菓HP等で販売中)。

現在、「居場所のない高校生」や「性的搾取の対象になりやすい青少年」の問題を発信するとともに、相談・生活支援、食事提供、学習・就労支援等を通して「若者と社会をつなぐきっかけの場づくり」を行い少女の自立支援を行っている。

【メディア出演・掲載】
・テレビ:フジテレビ「とくダネ!」、NHK、仙台放送、山陽放送
・ラジオ:文化放送「大竹まことのゴールデンラジオ」、「福井謙二グッモニ」、ニッポン放送「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」
・新聞:朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、聖教新聞、ふぇみん婦人民主新聞、河北新報他
・雑誌・その他:日経WOMAN、リクナビ進学ジャーナル、高認があるじゃん!他
 
【講演・講師歴】
・行政/NPO等:内閣府青少年問題調査研究会/東京都青少年課治安対策本部、若者サポートステーション、立川市、国立市、アショカジャパン、女性の安全と健康のための支援教育センター、ワーカーズコープ
・教育機関:早稲田大学、法政大学、東北学院大学、上智大学、都立千早高校、明治学院高校、宮城県富谷高校、愛媛県聖カタリナ高校、横浜総合高校、多摩市立永山中学校
・その他:紀伊國屋書店、大地を守る会、若手農業者勉強会、浦和北ロータリークラブ、映画館アップリンク、他

記事一覧

バックナンバー(もっと見る)

2017年10月号 vol.56

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年09月号 vol.55

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年08月号 vol.54

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...