ひみつ基地

2018年4月号 vol.62

report

学校教育の変革に必要な答えは現場にある~気鋭の教育長や校長を軸とした教育改革プラットフォームが始動

2018年3月18日にNPO法人ETIC.と文部科学省若手職員有志が事務局を担う「教育・学びの未来を創造する教育長・校長プラットフォーム:SCHOOL PLATFORM」(以...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk

他の号の記事

若者の投票率80%超のスウェーデンが行う模擬選挙とは?(前編)~国や学校がサポートし、生徒が主導で行う「学校選挙」

18歳で投票ができるようになり、「政治教育」や「主権者教育」に注目が集まっています。政治的な話題をどのように扱ったら良いかが様々に議論されています。それというのもこれまで日本...

  いいね!   tppay tppay from 2018年10月号 vol.68

中高生が大人の一日に密着し、本気の「働く」に触れる教育プログラム~「第一回まちのジョブシャドウイング in 日南・串間」開催レポート

「ジョブシャドウイング」という言葉をご存じですか?ジョブシャドウイングは、中高生が働く大人に影(シャドウ)のように密着し、働く様子について観察する教育プログラムです。アメリカ...

  いいね!   shoko_kawahara shoko_kawahara from 2018年9月号 vol.67

もっと話そう、ちゃんと学ぼう「これからの性教育プロジェクト」(後編)~子どもや若者を被害者にも加害者にもしないための性教育

7月12日に日本財団ビルで、「これからの性教育プロジェクト」の第一回目となるイベントが開催されました。「これからの性教育プロジェクト」は、日本の子ども・若者たちに「性の健康と...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2018年9月号 vol.67

もっと話そう、ちゃんと学ぼう「これからの性教育プロジェクト」(前編)~体の仕組みを学ぶだけではない!ライフスキルとしての性教育

7月12日に日本財団ビルで、「これからの性教育プロジェクト」の第一回目となるイベントが開催されました。「これからの性教育プロジェクト」は、日本の子ども・若者たちに「性の健康と...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2018年8月号 vol.66

日本で広がるか?家庭で学習するホームスクールとは(前編)~全州の法律で認め、支援団体が多数あるアメリカ

不登校の子どもたちの支援を進めることを目的にした「教育機会確保法」が2016年12月に成立しました。当初の法案では、フリースクールや自宅での学習といった学校以外の学習も義務教...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2018年5月号 vol.63

幸福度世界一のデンマークの教育とは?(後編)~一人ひとりの思いや意志を尊重し、対話から民主主義を学ぶ

教育と福祉の充実で知られる北欧ですが、その中でもデンマークは独自の歴史と文化を持ち「フォルケオプリュスニング(Folke oplysning)と呼ばれる民衆教育の伝統がある国...

  いいね!   midori_takeda midori_takeda from 2018年5月号 vol.63

渋谷スタディクーポンのブラザー・シスター養成研修に行ってきた!-面談を通じて子どもたちの可能性を引き出す!

「渋谷スタディクーポン」は、東京都渋谷区内の経済的な理由で塾に通えない高校受験生・中学3年生に対して、登録された学習塾等で利用できる20万円分のクーポンを2018年4月1日よ...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2018年3月号 vol.61

家庭や地域による学校外教育費の格差が鮮明に-学歴・勉強を重視し、早期化の傾向が強まる

昨今、子どもの教育費に関する調査について、文部科学省(平成28年度子供の学習費調査)、ベネッセ教育総合研究所(学校外教育活動に関する調査2017)、ソニー生命保険株式会社(子...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2018年2月号 vol.60

多様な教育の博覧会「エデュコレ」に行ってみた!-従来の枠組みにとらわれない新しい教育が一堂に会する

従来の枠組みにとらわれず、新しい教育に取り組む動きが日本各地で増えています。そんな各地での取り組みが一堂に会するイベント・多様な教育の博覧会「エデュコレ」が11月12日に大阪...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2017年12月号 vol.58

積極的な「アウトリーチ」で、非行を未然に防ぐ取組みとは?-被害者・加害者のどちらも生み出さないために

近年、医療や福祉などの分野を中心に、サポートを必要とする方が施設へ来所する受け身の支形式ではなく、支援者がサポートを必要とする方に対して、積極的に働きかけを行っていく支援形式...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2017年08月号 vol.54

大学生や社会人にオススメ!過疎地の農業を支援する援農ボランティア-都市と田舎をつなぐ新しい交流のカタチ

「援農」という言葉をご存じでしょうか?「援農」について辞書を調べてみると、「農家ではない人が、農作業の手助けをすること。多く、都市部の住民が短期間で、摘果や収穫などの作業を補...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2017年03月号 vol.49

小規模保育園は、従来の保育所よりも保育の「質」が悪いのか?-園の規模や子ども対保育士比は、子どもの発育状況に関連しない

都市部での待機児童問題が頻繁に取り上げられるようになり、保育園や保育士の不足など保育の「量」について、よく議論されるようになりました。2015年に「子ども・子育て支援制度」が...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2017年2月号 vol.48

世界の放課後から日本の放課後を考える(後編)-遊びの中で学ぶことを大切にしているフィンランド

放課後とは、「課」(学校の授業)から解き「放」たれた「後」という意味があります。世界の子ども達は、学校の授業から解き放たれた放課後をどのように過ごしているのでしょうか?前回の...

  いいね!   kimi kimi from 2017年1月号 vol.47

次々と児童館の廃止・再編が検討される理由-児童館は単なる子どもの「無料室内娯楽・余暇施設」なのか?

子どもの頃、児童館で遊んだことはありますか?小学校の放課後に近所の児童館へ遊びに行って、室内で漫画を読んだり、ボードゲームや卓球をしたり、外で友達と一輪車やボール遊びをした記...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2017年1月号 vol.47

世界の放課後から日本の放課後を考える(前編)-個を優先するアメリカとコミュニティの中で過ごすカナダ

誰にでも放課後と聞くと思いだす風景があるでしょう。小学生、中学生時代なのか、はたまた高校生だった頃なのか。それぞれが持つ放課後という記憶と時間。その放課後も、時代と共にあり方...

  いいね!   kimi kimi from 2016年12月号 vol.46

罪を犯した非行少年・少女の更生を支えるボランティアとは?-高齢化と新たな担い手の不足で減少する保護司

20歳未満の少年・少女が罪を犯してしまった時、家庭裁判所での調査・審判が行われ、処分が決められます。20歳未満の少年・少女の場合、再び罪を犯すことがないように、改善・更生を重...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2016年12月号 vol.46

子どもの運動能力を高めるために必要なこと(後編)-運動嫌いを生み、生活習慣病のリスクを高める体育や運動会

前編(幼児期の苦手意識から運動嫌いに!一斉指導よりも自由遊び!)の記事では、幼児や小学生の運動能力や運動意識に関する様々なデータを用いながら、一斉指導ではなく、自由に遊んだり...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2016年11月号 vol.45

様々な理由から働くことにつまずいた若者の就職を支援する-企業とNPOが連携し、若者の再チャレンジを支える

政府が公表している平成27年版子ども・若者白書によれば、15~34歳の若年無業者は56万人、フリーターは179万人とされています。「無職や非正規の状態を脱して、正社員として就...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2016年11月号 vol.45

子どもの運動能力を高めるために必要なこと(前編)-幼児期の苦手意識から運動嫌いに!一斉指導よりも自由遊び!

過去最高のメダル獲得数で、8月末に華やかに幕を閉じたリオオリンピック。オリンピック選手の華々しい活躍に、テレビの前で興奮した方も多いのではないかと思います。プロ選手にとって、...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2016年10月号 vol.44

「やりがい」だけの教育・学習支援業から脱却できるか?-以前よりも労働時間が増加し、疲労蓄積度も高水準

近年、国際調査から「世界一多忙な日本の先生」として報じられ、その労働環境の改善が求められています。一方で「人手不足や業務過多なのはどこも同じで、先生だけが忙しいわけじゃない」...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2016年10月号 vol.44

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.68

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年9月号 vol.67

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年8月号 vol.66

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...