ひみつ基地

2018年10月号 vol.68

column

時代遅れの高卒就職・採用を次世代型にアップデートせよ!~高卒から真のプロに育てるために必要な3つのこと

ここまで2回にわたって、高卒就職・採用に関する可能性と問題点について論じてきました。そして、新たな時代における高卒就職の考え方として、「高卒プロフェッショナルキャリア(以下、...

  いいね!   ymenjo ymenjo

他の号の記事

高卒の本来の可能性に蓋をする高卒就職・採用の5つの問題点とは?~社会的ゴールデンエイジを活かす「高卒プロキャリア」

一般的によく言われている「大卒は高卒よりも生涯賃金が高い」という話は半分誤解であり、高卒で就職した場合の収入面でのメリットについて、前編(「大卒は高卒よりも生涯賃金が高い」と...

  いいね!   ymenjo ymenjo from 2018年9月号 vol.67

夏休みに拡大する子どもの栄養・教育・体験の格差とは?~学校がない期間に、日常の問題がより一層顕著になる

子どもの頃、家族旅行やサマーキャンプ、地域の夏祭りや花火大会など、たくさんのイベントがある夏休みを楽しみにしていた方も多いと思います。夏休みは、1ヶ月ほどの長期休みに、普段は...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2018年7月号 vol.65

スウェーデンのNPOが教える「いじめ」を撲滅する方法とは?(後編)~生徒や保護者、学校の教員、それぞれの立場からできること

いじめは日本だけの問題でなく、しばし「幸せな国」として名高いここ北欧の国、スウェーデンでも起きています。いじめ防止に取り組むスウェーデンの非営利団体「Friends」の統計に...

  いいね!   tppay tppay from 2018年7月号 vol.65

なぜ、世の中がおじさんばかりに牛耳られているのか?~大人の社会の問題や欺瞞を、子どもに包み隠さない北欧の教育

世界一幸せな国、学力世界一、男女平等世界一など、日本でも北欧の国々の生活・文化や教育・福祉について、多くのメディアでも紹介されるようになりました。民主主義や子どもの個性を重要...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2018年6月号 vol.64

スウェーデンのNPOが教える「いじめ」を撲滅する方法とは?(前編)~当事者がいじめ対策の計画を作り、PDCAサイクルをまわす!

いじめは日本だけの問題でなく、しばし「幸せな国」として名高いここ北欧のスウェーデンでも起きています。いじめ防止に取り組むスウェーデンの非営利団体「Friends」の統計による...

  いいね!   tppay tppay from 2018年6月号 vol.64

親子で学び合うハイブリッドスクーリングとは?~学校と学校外の学びを組み合わせた教育方法

国立社会保障・人口問題研究所の日本の将来推計人口(H29年推計)によると、2017年の6歳の子どもの人数は、101万人になります。2045年の6歳の子どもの人数は、75万人に...

  いいね!   makoto_m makoto_m from 2018年4月号 vol.62

高校生や大学生で「妊娠したかも」と思ったらまず知って欲しいこと-少しでも妊娠の不安を感じたらすぐに検査や受診を

もし、高校生や大学生が「あれ、妊娠したかも」と不安を感じたらどうすれば良いのでしょうか?高校生や大学生で、望まない妊娠の可能性を感じた時、誰でもとても不安な気持ちになります。...

  いいね!   asuka_someya asuka_someya from 2018年3月号 vol.61

子どもが暮らす「まち」に働きかけるソーシャルワーク-子どものケアに留まらず、仕組みにアプローチしていくこと

2013年に子どもの貧困対策の推進に関する法律ができて、早5年。NPO法人「山科醍醐こどものひろば」(京都府京都市山科区)の地域における子どもの貧困問題への実践も8年目となり...

  いいね!   takuya-murai takuya-murai from 2018年2月号 vol.60

学校から切り離した新しい部活動のあり方とは? -地域頼みの制度では成り立たずに消滅する

平成29年12月26日に文部科学省は、「学校における働き方改革に関する緊急対策」を発表しました。学校教員の長時間残業・労働を改善するために、業務の役割分担や適正化、学校が作成...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2018年1月号 vol.59

罪を犯した少年の社会復帰を支える法務教官とは?-保護者が実父母は3割前後。少年の親のような存在に

「法務教官」と聞いて、どんな仕事をしている人か思い浮かびますか?刑務所(成人が収容される刑事施設)で働く「刑務官」のような非常に厳しいイメージを持っている人も少なくないと思い...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2018年1月号 vol.59

受験がないカナダの放課後の過ごし方-様々な体験から非認知能力を伸ばす放課後に

高校や大学のみならず、中学校でも受験をするのが一般的になってきている日本。以前に比べて子どもたちの放課後や家庭での過ごし方も変わってきています。もし、受験がなかったら、放課後...

  いいね!   miwa_csuka miwa_csuka from 2017年12月号 vol.58

ニートやフリーター、第二新卒・既卒から正社員になれる就職支援-学歴や職歴、未経験がハンデにならない就職活動

「ニートやフリーターから正社員を目指したい!」「前職を辞めてからブランクがあるけれど、また正社員として働きたい!」「はじめて就いた仕事が合わず、新しく未経験の仕事にチャレンジ...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2017年11月号 vol.57

一歩踏み込んだ次の「子どもの貧困対策」とは?-「対子どもだけ」から「対家庭」へ支援を広げて深める

「子ども食堂」が全国各地に増えています。「食」を切り口に地域の中に出会いの場を作り、子どもと関わっていく営みの「子ども食堂」に、行政も補助金を出すようになりました。一方で、「...

  いいね!   takuya-murai takuya-murai from 2017年09月号 vol.55

事故でも病気でもない!若者の死因の第一位が「自殺」という国-子どもや若者を行き詰まらせないために必要なこと

9月10日は、世界保健機関 (WHO)が制定した「世界自殺予防デー」です。厚生労働省でも9月10日~16日までを「自殺予防週間」と定め、啓発活動を行っています。夏休みが終わり...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2017年09月号 vol.55

広がらない学校教員の社会人採用・中途採用の現状-「学校」しか知らない先生ばかりで良いのか?

民間企業で働きながら通信課程の大学に通い、教師を目指している方にお会いすることがあります。「社会人経験を積んでからの方が、子どもたちに色々な事を教えることができると思ったから...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2017年08月号 vol.54

子どもの体験は、誰が担っていくべきなのか?-家庭の負担頼みで、長期休みや連休に広がる体験格差

2018年度から学校の休業日の分散化する「キッズウィーク」がスタートします。文部科学省は、「キッズウィーク」の実施に向けて、学校教育法施行令の一部を改正し、大学を除く公立の学...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2017年08月号 vol.54

世界の性教育の最先端スタンダードとは?-今注目が集まる「セクシュアリティ教育」の3つのポイント

「性教育をすることで、子どもたちにとって刺激(性行為をしたくなる刺激)になるのでは?」と懸念する声をいただくことがあります。以前、「日本の10代の妊娠中絶は1日約53件!他人...

  いいね!   asuka_someya asuka_someya from 2017年07月号 vol.53

子どもの「スタディ・ライフ・バランス」も推進せよ!-勉強の効率化と「教育=学校」からの脱却で次の学びへ

今、子どもたちの夏休みが話題になっています。政府は、「経済財政運営と改革の基本方針2017」(骨太の方針)の中で、消費の活性化策・休暇改革の一環として、2018年度から「キッ...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2017年07月号 vol.53

子どもや生徒が「芸能人や作家・漫画家になりたい」と言い出したらどうする?-反対するよりチャレンジさせた方が良い3つの理由

歌手、バンド、役者、声優、お笑い芸人、ダンサー、漫画家、小説家、さらには、ユーチューバーなど、プロのクリエイターやエンターテイナーの仕事は、世の中に様々あり、その仕事を目指し...

  いいね!   shoko_kawahara shoko_kawahara from 2017年06月号 vol.52

思春期・反抗期の子どもとの接し方で注意したいこと-非行少年・少女と面接する保護司が大切にしている4つのこと

「子どもに同じことを何度言っても聞いてくれない」「子どもがいちいち自分の言うことに反発して困っている」こんな悩みをもつ親や学校の先生もいらっしゃるのではないでしょうか?そうい...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2017年06月号 vol.52

バックナンバー(もっと見る)

2018年9月号 vol.67

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年8月号 vol.66

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年7月号 vol.65

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...