ひみつ基地

2018年11月号 vol.69

pick up (他の号の記事)

今もなお見えない不安が続く福島の親の心境とは?-静かにゆっくりと現実化していく子どもへの影響

(いまもなお震災直後の状態のままとなっている福島県・JR富岡駅) 昨年の10月26日に福島県知事選が行われました。これからの福島の重要な舵取りをする知事選でしたが、投票率は...

  いいね!   shinshi_tooru shinshi_tooru from 2015年1月号 vol.23

なぜ、日本の教育改革は遅々として進まないのか?-変化の激しい時代にいつまでも時代遅れの教育が続く理由

教育は、農業や林業のようなもの。ひとつの方針をきめたら、その方針でしっかりと1年間の教育を実践し、そこで生まれた成長を、年輪を積み重ねるがごとく、年をおうごとに促進していくこ...

  いいね!   ymenjo ymenjo from 2014年12月号 vol.22

生徒層が変化し、苦慮する通信制高校の今 -学びのセーフティネットに規制よりも正確な情報開示を

(NPO法人D×Pが通信制高校で実施した授業の様子)通信制高校の卒業生の2人に1人(44.5%)が進学も就職もしないという通信制高校の課題に関して、昨年記事に書かせていただき...

  いいね!   noriakiimai noriakiimai from 2014年11月号 vol.21

障害がある子どもと保護者を徹底的に支えるカナダの特別支援-専門家が協力し合い早期発見・療育に取り組む

日本では、ここ20年間で特別支援学校に通う子どもが倍増し、場所も人も仕組みも追いつかない状況となっています。(20年で倍増!急増し続ける特別支援学校の児童生徒-対応が追いつか...

  いいね!   miwa_csuka miwa_csuka from 2014年10月号 vol.20

震災が”始まってから”三年半、深刻化する子どもの孤立-2年連続で中学校の不登校出現率ワーストの宮城県

ちょうど1年前、「震災が”始まってから”二年半、全国不登校率ワーストの宮城県の今」というタイトルで記事を書きました。ある学校の校長先生がおっしゃった「震災が起きた日が3.11...

  いいね!   yu_monma yu_monma from 2014年9月号 vol.19

子どもの貧困を「親の自己責任」で片づけるのは悪化の一途-過去最悪と聞いても実感が持てないアナタへ

子どもの貧困率16.3%―。今年の7月、厚生労働省が3年ぶりに日本の子どもの貧困率を更新し、過去最悪となったことを発表しました。これは、様々なメディアでも報道されているので、...

  いいね!   yusuke_imai yusuke_imai from 2014年8月号 vol.18

家庭や学校に居場所を失くし、孤立する「難民高校生」-難民生活から売春・性的搾取や違法労働などの犯罪へ

女子高校生サポートセンターColaboの仁藤夢乃です。私たちは、社会的に孤立し困窮状態にある少女の自立に向けたサポートを行っています。今回は、現在深刻な問題となっている「難民...

  いいね!   yumeno_nito yumeno_nito from 2014年7月号 vol.17

オンライン教材・高度なITツールは格差をかえって拡げる?-格差下に置かれた子どもが必要としていること

今回の記事では、子どもへイベントやものの寄付などを行う際に気をつけて欲しいことの第二弾をお伝えできたらと思います。(前回の記事:子どもを支援する前に知っていて欲しい実状-ラン...

  いいね!   3keys_takae 3keys_takae from 2014年6月号 vol.16

今、日本の学校教育の現場で何が起きているのか?-多忙過ぎる業務、倍増する病気休職率、低下する採用倍率

学校の不祥事に関するニュースが多く取り上げられ、学校に対する風当たりは強くなる一方です。しかし、学校現場には日々子どもと向き合い真摯に奮闘している先生たちがたくさん存在してい...

  いいね!   haruki_asatani haruki_asatani from 2014年5月号 vol.15

子どもの貧困を解決するために必要な「学校」という場 -必要な支援を子ども達に届けるための仕掛け

(「楽習サポートのびのび」の活動での一コマ) 社会人になるといつも転機だらけで季節に左右されることも少なくなってきましたが、子どものころはやはり進級、クラス替え、進学といっ...

  いいね!   takuya-murai takuya-murai from 2014年4月号 vol.14

異常と日常の間で今も見えない不安に悩み・葛藤している!-福島の親と子どもの複雑な胸のうちとは?

(活動場所での集合。夏場でもマスクをしている。) ◆ 福島で生き続けることを選択するということ東日本大震災が発生した後、福島第一原発事故の影響で屋外活動が制限されている福島...

  いいね!   shinshi_tooru shinshi_tooru from 2014年3月号 vol.13

「経済・希望格差を超えるための教育環境」の作り方-若者一人を無業者にすれば、最低4,600万円以上の損失!

「どうせ僕は将来ニート」 先生「うちの学区には、コウソウがあるんです。」 私「コウソウ?それはなんですか?」 2005年に私がキャリア教育コーディネーターとしてある地方...

  いいね!   ymenjo ymenjo from 2014年2月号 vol.12

日本の若者の不安定就労問題が深刻化し続ける理由-場当たり的な「就労対策」ばかりでは未来はない

高卒の3人に2人、大卒の2人に1人が就労問題に直面!今、若者の不安定就労の問題は深刻だ。内閣府発行の『子ども・若者白書平成25年版(平成25年6月)』によると、平成25年3月...

  いいね!   ymenjo ymenjo from 2014年1月号 vol.11

夜の街の子ども達に耳を傾けてわかったこと-小さな相談窓口ができることで広がる可能性

◆ 悪い印象はイメージ先行の産物 「数人でたむろし、髪は茶色や金色で、語感の荒い言葉をつかって大声で会話する。たばこを吸い、唾を吐き、ごみはポイ捨てしていく。」みなさんは、...

  いいね!   yamaguchi_masashi yamaguchi_masashi from 2013年12月号 vol.10

2人に1人が進学も就職もしないまま卒業する―生徒数も学校数も増える通信制高校の課題と可能性(前編)

(フォトブックを制作した通信制高校生)現代の通信制高校に通う高校生は、高校中退や不登校の経験者が大半「おれ、3年間不登校だったなぁ」「いや、僕なんて6年間だよ(笑)」「おれ、...

  いいね!   noriakiimai noriakiimai from 2013年11月号 vol.9

早期療育で自閉症の症状は改善する!-謂れなき偏見や誤解が本人やその家族を悩ませる!

自閉症は生まれつきの障がいです自ら閉じると書いて、自閉症。皆さんは、何をイメージしますか?「引きこもり」、「不登校」、「欝」、、、そんなキーワードが浮かぶ方も多いのではないか...

  いいね!   hitomi_kuma_73 hitomi_kuma_73 from 2013年10月号 vol.8

震災が”始まってから”二年半-全国不登校率ワーストの宮城県の今

「先生、ごめんなさい。○○ちゃん、お母さん死んじゃったのに、津波の話、しちゃった。本当にごめんなさい。」小学校5年生の女の子2人組が、私のところに涙を浮かべながら謝りにきまし...

  いいね!   yu_monma yu_monma from 2013年09月号 vol.7

増え続ける子どもへの虐待は、一体誰が起こしているのか?-児童虐待を生み出し続ける日本の社会システム

はじめまして。今回から記事を書くことになりました森山と申します。私は普段、特定非営利活動法人3keysで働いております。 家庭の事情などで、自立において必要なあらゆる力が十...

  いいね!   3keys_takae 3keys_takae from 2013年08月号 vol.6

自立できない子ども?自立させない大人?-なぜ、子ども・若者の現状がこれほど深刻なのか

日本(人)と仕事をする意味が無い 私は、総合商社系の上場会社で社長をしている関係から、外国人と接する機会が多くありますが、「外国人の日本(人)への期待が年々低下している」と...

  いいね!   takayuki_kawashima takayuki_kawashima from 2013年07月号 vol.5

拡大し続ける子どもの貧困-結局、日本の教育格差はどこで生まれるのか?

日本の子どもの貧困の現状私は、日本で経済的貧困により教育費を捻出できない家庭の子ども達の支援活動を仕事にしています。貧困とは、衣食住がままならない「絶対的貧困」と、「相対的貧...

  いいね!   yusuke_imai yusuke_imai from 2013年06月号 vol.4

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号 vol.70

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年10月号 vol.68

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年9月号 vol.67

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...