ひみつ基地

2019年7月号 vol.77

report (他の号の記事)

「レッジョ・エミリア・アプローチ」世界で最も革新的な幼児教育③-レッジョ・アプローチを支える地域の施設と仕組み

子どもの創造活動を実施する時、材料は子どもたちの創造性を喚起する優れた媒介となります。限られた予算の中から何を材料に活動するかは現場の先生が頭を悩ますところですが、子どもたち...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2016年2月号 vol.36

「レッジョ・エミリア・アプローチ」世界で最も革新的な幼児教育②-都市空間から共に学ぶ創造的な空間へ

モンテッソーリ教育、シュタイナー教育、フレネ教育、イエナプラン教育、オルタナティブ教育など教育アプローチの名称は様々ありますが、レッジョ・エミリア・アプローチ(以下、レッジョ...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2016年1月号 vol.35

日本初!全47都道府県の子どもの貧困対策計画の策定状況が明らかに!-全国で東京都のみが策定予定なし

「あすのば・日本大学共同研究 都道府県別子どもの貧困対策計画『見える化』プロジェクト」が子どもの貧困対策センター「あすのば」と「内閣府・子どもの貧困対策に関する有識者会議」構...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2016年1月号 vol.35

「レッジョ・エミリア・アプローチ」世界で最も革新的な幼児教育①-アートの創造的経験によって子どもの可能性を引き出す

イタリア内でも豊潤な地域として知られるエミリア・ロマーニャ州に、世界中の教育関係者がこぞって集うレッジョ・エミリア(Reggio Emilia)という人口16万人の小都市が存...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2015年12月号 vol.34

様々な理由から「働く」につまづいた若者の就労を支援する-最先端のIT技術や知識を学び、就労機会を広げる

学歴や職歴に関わらず無業や非正規状態にある若者の就労支援を行っている「BizAcademy」というプログラムがあります。「BizAcademy」は、株式会社セールスフォース・...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2015年11月号 vol.33

当事者と支援者の想いを紡いでわかった3つのこと-子どもの貧困対策センター「あすのば」合宿ミーティング

「子どもの貧困対策法」が成立し、以前よりも新聞やテレビでも国内の厳しい現状についてたびたび報じられるようになりました。法案の成立を受けて、各自治体では、具体的な施策を検討する...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2015年09月号 vol.31

「この社会は平等ではない」と生活保護世帯の高校生は語った。もう一度やり直せる教育システムを(青砥恭)

ビッグイシュー・オンライン編集部より:2014年12月14日(日)、東京・新宿の損害保険ジャパン日本興亜本社ビルにて、「若者政策提案書・案」の発表シンポジウムが開催され、若者...

  いいね!   ikedahayato ikedahayato from 2015年5月号 vol.27

熱心な先生であるほど忙しい。子ども・若者のサポートは学校を超えた「地域連携」が重要(白水崇真子)

ビッグイシュー・オンライン編集部より:2014年12月14日(日)に開催された「若者政策提案書・案」の発表シンポジウムより、白水崇真子さんによる講演の内容をご紹介いたします。...

  いいね!   ikedahayato ikedahayato from 2015年5月号 vol.27

「子ども向け緊急避難シェルター」を運営する高橋温さんが語る。「帰る家がない若者たち」が抱えている困難のリアル

ビッグイシュー・オンライン編集部より:2014年12月14日(日)に開催された「若者政策提案書・案」の発表シンポジウムがより、高橋温さんによる講演の内容をご紹介いたします。▼...

  いいね!   ikedahayato ikedahayato from 2015年5月号 vol.27

少年院を出所した子どもは、就職できるか否かで「再犯率」が大きく変わる。若者支援における「出口」の重要性

ビッグイシュー・オンライン編集部より:2014年12月14日(日)に開催された「若者政策提案書・案」の発表シンポジウムがより、津富宏さんによる講演の内容をご紹介いたします。▼...

  いいね!   ikedahayato ikedahayato from 2015年5月号 vol.27

日本は何でも「親任せ」。国が子どもを育てていない。子ども・若者が困窮しない社会を作るために、何が必要なのか

ビッグイシュー・オンライン編集部より:2014年12月14日(日)、東京・新宿の損害保険ジャパン日本興亜本社ビルにて、「若者政策提案書・案」の発表シンポジウムが開催され、若者...

  いいね!   ikedahayato ikedahayato from 2015年5月号 vol.27

若者は政策的支援を受ける権利もあるが、自ら環境を変えていく権利と義務がある。若者参画に向けたチャンスとエンパワメントが必要だ

ビッグイシュー・オンライン編集部より:2014年12月14日(日)に開催された「若者政策提案書・案」の発表シンポジウムより、各委員の講演内容をご紹介いたします。シンポジウムの...

  いいね!   ikedahayato ikedahayato from 2015年5月号 vol.27

不登校経験者の社会的自立を支える通信制高校の仕組みとは?-通信制高校生徒・保護者アンケート調査結果報告②

2014年12月4日、アルカディア市ヶ谷にて「学校再創生~教育制度の柔軟化の推進」(新しい学校の会・第9回シンポジウム)が開催されました。新しい学校の会は、構造改革特区の制度...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2015年3月号 vol.25

学生寮は日本の大学生の成長の場となるのか?NEWVERYが運営する国分寺の学生寮「チェルシーハウス」に行ってみた。②

今や人生は大学名ではなく大学生活をどう送るかで左右されると言っても過言ではない。NPO法人NEWVERYは本気で大学生活を充実させたい学生が集まる学生寮「チェルシーハウス」を...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2015年3月号 vol.25

学生寮は日本の大学生の成長の場となるのか?NEWVERYが運営する国分寺の学生寮「チェルシーハウス」に行ってみた。①

今や有名大学に入ったからといって就職活動がうまくいったりその後の人生が輝かしいものになる保証はない。どの大学かではなく、大学でどう過ごすかということが重視されつつある。学生一...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2015年2月号 vol.24

生徒の過半数が不登校経験者の通信制高校の仕組みとは?-通信制高校生徒・保護者アンケート調査結果報告①

2014年12月4日、アルカディア市ヶ谷にて「学校再創生~教育制度の柔軟化の推進」(新しい学校の会・第9回シンポジウム)が開催されました。新しい学校の会は、構造改革特区の制度...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2015年1月号 vol.23

行く当てもなく街を彷徨う「難民高校生」の実態を学べる「夜の街歩きスタディーツアー」②

本ウェブマガジン「ひみつ基地」2014年7月号に掲載された『家庭や学校に居場所を失くし、孤立する「難民高校生」-難民生活から売春・性的搾取や違法労働などの犯罪へ』の記事を受け...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2014年11月号 vol.21

行く当てもなく街を彷徨う「難民高校生」の実態を学べる「夜の街歩きスタディーツアー」①

本ウェブマガジン「ひみつ基地」2014年7月号に掲載された『家庭や学校に居場所を失くし、孤立する「難民高校生」-難民生活から売春・性的搾取や違法労働などの犯罪へ』の記事を受け...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2014年10月号 vol.20

「世界で最も革新的な企業」が行う若者の就労支援プログラムとは?-企業の社会貢献活動・CSRの新しいあり方

「将来は、IT企業でアプリケーションの開発に携わってみたいと思っています。」-トレーニングははじまる前とは、全く違う姿の8名の参加者たち。14日間のプログラムでここまでの変化...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2014年9月号 vol.19

土曜日に授業の「チャイム」を鳴らさせてはいけない!②-寺脇研氏(元文部省官僚・京都造形芸術大学教授)

2014年5月12日にNPO法人教育支援協会が主催した「今こそ、子どもたちの豊かな土曜日・放課後を創り出す!『土曜楽校全国会議』」のイベントレポートです。今回のイベントでは、...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2014年9月号 vol.19

バックナンバー(もっと見る)

2019年6月号 vol.76

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年5月号 vol.75

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年4月号 vol.74

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...