Eduwell Journal

2019年9月号 vol.79

report

子ども虐待のない社会をつくるために(中編)-体罰禁止の法制化のその先に必要なこととは?

2019年7月23日にさわかみ投信株式会社(東京都千代田区)において、公益財団法人お金をまわそう基金・特定非営利活動法人タイガーマスク基金が主催し、公益社団法人セーブ・ザ・チ...

  いいね!   eduwell_journal eduwell_journal

子ども虐待のない社会をつくるために(後編)-体罰は傷害・暴行。子どもを所有物化する危険。

2019年7月23日にさわかみ投信株式会社(東京都千代田区)において、公益財団法人お金をまわそう基金・特定非営利活動法人タイガーマスク基金が主催し、公益社団法人セーブ・ザ・チ...

  いいね!   eduwell_journal eduwell_journal

他の号の記事

韓国の学校や市民が取り組む「民主的な教育」とは?②-共に学び育ち合う!民主的な学校運営を目指す「革新学校」

近年、全国各地で新しい学校教育のあり方を模索する動きが日本でも広がっています。韓国でも、これまでの競争や成果主義的な教育から脱却を目指し、「革新教育」「革新学校」というオルタ...

  いいね!   eduwell_journal eduwell_journal from 2020年5月号 vol.87

韓国の学校や市民が取り組む「民主的な教育」とは?③-子どもや青少年の性教育や相談に取り組む「アハセンター」

日本では、まだまだ家庭や学校でもタブー視されがちな性教育ですが、望まない妊娠や性暴力など、若者の心身に関する大変に重要な教育の一つです。「性に関する教育」を家庭や学校などで、...

  いいね!   eduwell_journal eduwell_journal from 2020年5月号 vol.87

韓国の学校や市民が取り組む「民主的な教育」とは?①-子どもの幸せを真ん中に置く「革新教育」の広がり

熾烈な受験競争のイメージが強い韓国の教育。その一方で、そのあり方に異議をとなえるかたちで、「代案教育」(オルタナティブ教育)「代案学校」(フリースクール)が広がりを見せている...

  いいね!   eduwell_journal eduwell_journal from 2020年4月号 vol.86

学びの多様性を尊重できるラーニングダイバーシティへ③-地域に多様な学びの場をつくり、学びの権利を保障する

2020年2月15日にタワーホール船堀(東京都江戸川区)において、NPO法人ダイバーシティ工房が主催し、「地域に多様な学びの場を〜これからの学びのあり方をさぐる〜」と題したセ...

  いいね!   eduwell_journal eduwell_journal from 2020年4月号 vol.86

渋谷スタディクーポンは、教育格差の解消につながったのか?(中編)-無料塾とは異なる役割。支援の入り口として有効的。

2020年2月13日(木)に国立オリンピックセンターで「渋谷スタディクーポン事業報告会」が実施されました。「渋谷スタディクーポン」は、東京都渋谷区内の経済的な理由で塾に通えな...

  いいね!   eduwell_journal eduwell_journal from 2020年4月号 vol.86

渋谷スタディクーポンは、教育格差の解消につながったのか?(後編)-身近な良き兄や姉として利用者の学びを支えるブラシス

「スタディクーポン」は、経済的に厳しい家庭に対して、学習塾や習い事等で利用できるクーポンを提供する取り組みですが、クーポンの配布をしているだけではありません。クーポンを利用す...

  いいね!   eduwell_journal eduwell_journal from 2020年4月号 vol.86

渋谷スタディクーポンは、教育格差の解消につながったのか?(前編)-低所得世帯の子どもへの学習支援として有効な施策

2009年から子どもの貧困・教育格差の課題解決のために、東北や関西で「スタディクーポン」を提供する事業を行っている、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(以下、CFC)。...

  いいね!   eduwell_journal eduwell_journal from 2020年3月号 vol.85

つながりあって母子家庭の生きにくさの解決を目指す!-シングルマザーサポート団体全国協議会がキックオフ!

2019年7月7日に東京都内で、シングルマザーサポート団体全国協議会がキックオフし、北海道から沖縄までの全国20団体が参加しました(その後も増加し、現在は21団体)。本協議会...

  いいね!   akaishi akaishi from 2019年8月号 vol.78

子どもの新しい放課後の居場所「しゅくだいカフェ」とは?(後編)-地域密着の中小企業が拠点となり、全国に広がりはじめる!

2019年3月、大阪市東淀川区の「しゅくだいカフェ」=「放課後スペースviva!」を運営してきたメンバー(本川誠・中井まひる・武田緑)が理事となり、一般社団法人宿題カフェ運営...

  いいね!   midori_takeda midori_takeda from 2019年8月号 vol.78

子どもの新しい放課後の居場所「しゅくだいカフェ」とは?(前編)-まちの大人が支え、夜の宿題タイムが家族だんらんに

2016年9月に大阪でスタートし、現在、福島県会津若松市、徳島県徳島市でもはじまり、少しずつ全国に広がりを見せている「こどもの居場所」の形態があります。「しゅくだいカフェ」。...

  いいね!   midori_takeda midori_takeda from 2019年7月号 vol.77

生涯学習社会スウェーデンを支える北欧の伝統「スタディーサークル」とは?(後編)-学びへの意欲には自由な時間が不可欠

ヨーロッパの中でも高い生涯学習への参加率を誇るスウェーデン。5歳から64歳の成人のうち、過去4週間以内に何かしらの教育や職業訓練をした人の割合は30.1%で、調査に参加したE...

  いいね!   tppay tppay from 2019年5月号 vol.75

課題先進地から教育先進地へ!全国から子どもや若者が集う離島とは?(後編)-「島留学」を推進!未就学児から高校生まで島全体が学びの場に!

島根県隠岐島前。日本で最も過疎が進んでいる島根県の、さらに離島であるこの地域は、少子化・過疎化・高齢化など、日本の多くの地域がこれから直面していく課題を先取りしている地域、い...

  いいね!   midori_takeda midori_takeda from 2019年4月号 vol.74

生涯学習社会スウェーデンを支える北欧の伝統「スタディーサークル」とは?(中編)-政府が資金を援助!移民や難民の学びも支える

ヨーロッパの中でも突出して高い生涯学習への参加率を誇るスウェーデン。5歳から64歳の成人のうち、過去4週間以内に何かしらの教育や職業訓練をした人の割合は30.1%で、調査に参...

  いいね!   tppay tppay from 2019年4月号 vol.74

生涯学習社会スウェーデンを支える北欧の伝統「スタディーサークル」とは?(前編)-民主的にお互いに学び合うという場

スウェーデンがヨーロッパの中でも傑出していることの一つに、高い生涯学習への参加率があげられる。Eurostatによると、スウェーデンの25歳から64歳の成人のうち、過去4週間...

  いいね!   tppay tppay from 2019年3月号 vol.73

幼稚園から高校までプログラミング教育を行うカナダ(後編)-社会とのつながりの中で活きたSTEM教育を行う

21世紀に向けて、カナダではSTEM(サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、数学)の分野で活躍できる人材の育成を目指し、行政と産業が協力して教育改革に取り組んでいます。...

  いいね!   miwa_csuka miwa_csuka from 2019年2月号 vol.72

幼稚園から高校までプログラミング教育を行うカナダ(中編)-1,000社以上の企業が協力して次世代のSTEM教育に貢献

21世紀に向けて、AI(人口知能)、IT、ビックデータ、ロボテイックス、サイエンスといった最先端技術の研究開発は目覚ましい発展を遂げています。そういった技術の進化に伴い、21...

  いいね!   miwa_csuka miwa_csuka from 2019年1月号 vol.71

なぜ、教育支援にも効果の検証が必要なのか?-エビデンスだけで判断しようとすることは危険!

教育支援には、様々な手段や方法があります。一般的に「教育支援=良いこと」として受け止められていることもあり、「それって本当に効果があったのか」という評価がないがしろにされてい...

  いいね!   eduwell_journal eduwell_journal from 2019年1月号 vol.71

幼稚園から高校までプログラミング教育を行うカナダ(前編)-国全体でSTEM教育を推進し、新しいカリキュラムを導入

次世紀に向けてカナダでは、STEM教育(サイエンス、テクノロジー、エンジニア、数学の分野における実践的な教育)が必要不可欠であると考えています。カナダの産業省も将来、カナダの...

  いいね!   miwa_csuka miwa_csuka from 2018年12月号 vol.70

虐待を受けた子どもの心のケアに取り組む(後編)-五感を使って全身で森と遊ぶ「5センス・プロジェクト」

2018年10月11日に「タイガーマスク基金」が主催する勉強会の第36回目が開催されました。タイガーマスク基金では、児童養護施設などの退所者や社会的養護が必要な子ども・若者に...

  いいね!   eduwell_journal eduwell_journal from 2018年12月号 vol.70

虐待を受けた子どもの心のケアに取り組む(前編)-御蔵島でイルカと一緒に過ごす「ドルフィンプレイ」

2018年10月11日に「タイガーマスク基金」が主催する勉強会の第36回目が開催されました。タイガーマスク基金では、児童養護施設などの退所者や社会的養護が必要な子ども・若者に...

  いいね!   eduwell_journal eduwell_journal from 2018年11月号 vol.69

バックナンバー(もっと見る)

2020年5月号 vol.87

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年4月号 vol.86

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年3月号 vol.85

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...