Eduwell Journal

2020年6月号 vol.88

記事タイトル一覧

なぜ、ひとり親は「一日一食」までに困窮しているのか?-預貯金が少ない中、新型コロナで収入減・支出増の追い打ち

記事テーマ:pick up

「現在コロナの影響で休校が続き私の稼ぎだけでは厳しく、電気代水道代は支払い猶予をしていただきました。しかし、ガス代に関しては会社に連絡がない為猶予はできないと言われ、今月末日までに支払わないとガスが止められるとのことです。。。政府も言っているのに駄目なこ...

akaishi akaishi

コロナ禍のオンライン時代に考える「子どもの居場所」-子どもが本当に居たい場所や時代とは何かを見つめ直す

記事テーマ:column

全国的に順次学校が再開し、子どもも大人も一旦元の生活に戻りつつあります。3月の新型コロナウィルスによる全国一斉の臨時休校の要請から3ヶ月が経ちました。これから徐々に、休校による影響は目に見える形で出てくるでしょう。「人と距離を取らなければいけない」という...

shota_miyake shota_miyake

逼迫する現場の状況と乖離する文科省「子供の自然体験活動推進事業」-新型コロナ対応として内容が疑問視される補正予算

記事テーマ:column

新型コロナウィルス感染症対策を目的とした各省庁の補正予算について、事業内容や手続きに関して疑問を呈する報道が様々なメディアで行われています。文部科学省についても、補正予算で行われている「国立青少年教育施設改修事業」(12億円)について、新型コロナウィルス...

eduwell_journal eduwell_journal

新型コロナウイルス感染症予防の学校再開ガイドラインを読み解く-学校再開後の授業や学校行事はどう変わるのか?

記事テーマ:report

緊急事態宣言が全国的に解除され、3月から休校が続いていた学校も段階的に再開となっています。感染リスクがゼロとなったわけではない中、引き続き感染予防に努めながら、学校生活を送っていく必要があります。また、日常的な感染予防はもちろん、感染リスクが高い学習活動...

eduwell_journal eduwell_journal

韓国の学校や市民が取り組む「民主的な教育」とは?④-平和教育の「PEACE MOMO」。進路を拓く「クリキンディセンター」

記事テーマ:report

韓国のNGO・市民活動・社会的企業の拠点となっている「ソウルイノベーションパーク」。今回の記事では、パーク内にある「進路」をテーマにしたハブ施設・クリキンディセンター(ソウル市立恩平青少年未来進路センター)への訪問、参加・体験型の平和教育に取り組んでいる...

eduwell_journal eduwell_journal

【2020年6月】求人募集!子どもや若者の未来をつくる仕事4選

記事テーマ:recruit

志あるソーシャルビジネス・NPO・ベンチャー企業の求人情報サイト「DRIVEキャリア」から、今月も子どもや若者たちの未来をつくるお仕事を紹介します。今月は、若者の学び直しを支援する個別指導塾、放課後の教育活動、困難な状況に置かれた子どもの支援、オーダーメ...

drive drive

バックナンバー(もっと見る)

2020年8月号 vol.90

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年7月号 vol.89

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年5月号 vol.87

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...