ひみつ基地

2014年4月号 vol.14

記事タイトル一覧

子どもの貧困を解決するために必要な「学校」という場 -必要な支援を子ども達に届けるための仕掛け

記事テーマ:pick up

(「楽習サポートのびのび」の活動での一コマ) 社会人になるといつも転機だらけで季節に左右されることも少なくなってきましたが、子どものころはやはり進級、クラス替え、進学といった大きな環境の変化が訪れる季節が4月だったなと思います。ワクワクと、不安が入り交...

takuya-murai takuya-murai

「大学が合わない!」と思ったアナタへ伝えたいこと-「こんなはずじゃなかった!」を挽回する方法

記事テーマ:column

◆ 大学中退者の半分は、大学1年生の前期につまずいている 新大学生の皆さん、入学おめでとうございます!第一志望に受かってとにかく楽しみな人もいれば、第二、第三志望になってちょっとネガティブな気持ちの人もいるかもしれません。実はこれから夏休みまでの数か月...

shoko_kawahara shoko_kawahara

高校中退者は、実際のところ増えているのか?減っているのか?-高校中退・不登校経験者を支える通信制高校

記事テーマ:column

新年度が始まり、街では新生活が始まった人たちのうきうきした顔がたくさん見られるようになりました。この3月に高校を中退した人たちの新生活はどんなだろうと思いを巡らせています。高校中退事情でいえば年度末である3月は、1年で最も高校中退者が多くなる月になります...

yamaguchi_masashi yamaguchi_masashi

学級崩壊を招く「小1プロブレム」(小1問題)とは?-五校に一校の小学校が直面する「大きな段差」の実態

記事テーマ:column

◆「小1プロブレム」(小1問題)とは何か?全国で100万人を超える子ども達が今春から新一年生として小学校生活をスタートさせます。一番入学者の多い東京都では、9万3,800人余りが入学します。これからはじまる6年間の小学校生活に親も子も期待と不安が入り混じ...

editorial_desk editorial_desk

高校中退・大学ミスマッチは、本人だけの問題なんですか?-通信制高校と進路選択・指導の現場から考える本当に必要なこと①

記事テーマ:report

2014年2月27日に行われた"ひみつ基地会議Vol.2「高校中退・大学ミスマッチは、本人だけの問題なんですか?~通信制高校と進路選択・指導の現場から考える本当に必要なこと~」”を開催しました。今回のセミナーでは、関西圏を中心に大学・専門学校での中退予防...

ikedahayato ikedahayato

【まとめ】オススメ!2014年春の子どもや若者の支援に関する「教育・福祉」関連イベント!

記事テーマ:events

2014年4月~5月に開催される予定の子どもや若者の支援に関連する「教育・福祉」のイベントをまとめました!すでに子どもや若者の教育・福祉に関するお仕事をされている方、目指している方はもちろんのこと、興味・関心をお持ちの方ならきっと素敵な仲間と学びを得られ...

editorial_desk editorial_desk

【イベント】今こそ、子どもたちの豊かな土曜日・放課後を創り出す!「土曜楽校全国会議」

記事テーマ:events

土曜日に「チャイム」を鳴らさせてはいけない1992年、学校教育を月に1日の土曜日を休みと決め、その後、学校教育の時間をゆっくりと減らし、21世紀を迎えた2002年に学校教育を週5日としました。これは"地域社会での学習2日制度の始まり”であり、地域の教育力...

editorial_desk editorial_desk

バックナンバー(もっと見る)

2017年07月号 vol.53

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年06月号 vol.52

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年05月号 vol.51

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...