ひみつ基地

2018年12月号 vol.70

「自然体験」に関連する記事

虐待を受けた子どもの心のケアに取り組む(後編)~五感を使って全身で森と遊ぶ「5センス・プロジェクト」

2018年10月11日に「タイガーマスク基金」が主催する勉強会の第36回目が開催されました。タイガーマスク基金では、児童養護施設などの退所者や社会的養護が必要な子ども・若者に...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2018年12月号 vol.70

虐待を受けた子どもの心のケアに取り組む(前編)~御蔵島でイルカと一緒に過ごす「ドルフィンプレイ」

2018年10月11日に「タイガーマスク基金」が主催する勉強会の第36回目が開催されました。タイガーマスク基金では、児童養護施設などの退所者や社会的養護が必要な子ども・若者に...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2018年11月号 vol.69

【参加者募集】小学生・中学生対象「2018・2019年冬休み子どもキャンプ・スキーツアー」の全3コースの参加者募集がスタート!~東京・横浜の集合解散で、本格的な体験ができる!

「関西教育旅行」株式会社(本社:兵庫県西宮市、代表取締役:福井邦晃)が主催し、認定NPO法人「夢職人」(本社:東京都江東区、理事長:岩切準)が運営事務局を担っている「ネイチャ...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2018年11月号 vol.69

南アフリカのキャンプに参加する唯一の日本人女性(後編)~色んな子がリーダーになれる!キャンプが育む子どもたちの自尊心

南アフリカで行われているキャンプにはじめて日本人として参加し、その後、アメリカやカナダなど各地のキャンプを巡り、子どもたちのために働く女性がいます。彼女の名前は、小松はるなさ...

  いいね!   shoko_kawahara shoko_kawahara from 2018年7月号 vol.65

南アフリカのキャンプに参加する唯一の日本人女性(中編)~世界のキャンプを見るために国分寺から飛び立つ

南アフリカで行われているキャンプにはじめて日本人として参加し、その後、アメリカやカナダなど各地のキャンプを巡り、子どもたちのために働く女性がいます。彼女の名前は、小松はるなさ...

  いいね!   shoko_kawahara shoko_kawahara from 2018年6月号 vol.64

南アフリカのキャンプに参加する唯一の日本人女性(前編)~子どもが生きるために必要な知識や力を身につける場

南アフリカで行われているキャンプにはじめて日本人として参加し、その後、アメリカやカナダなど各地のキャンプを巡り、子どもたちのために働く女性がいます。彼女の名前は、小松令奈(こ...

  いいね!   shoko_kawahara shoko_kawahara from 2018年5月号 vol.63

【参加者募集】小学生・中学生対象「2018年夏休み子どもサマーキャンプ・自然体験ツアー」全11コース!~東京・横浜の集合解散で、本格的な体験ができる!

「関西教育旅行」株式会社(本社:兵庫県西宮市、代表取締役:福井邦晃)が主催し、特定非営利活動法人「夢職人」(本社:東京都江東区、理事長:岩切準)が運営事務局を担っている「ネイ...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2018年5月号 vol.63

仕事熱心な彼女が教育ボランティアに力を注ぐ理由~「後悔しないように生きたい」という考えが常に自分の中にあった

首都圏を中心に、子どもや若者の成長を社会全体で支える仕組み作りに力を入れている「NPO法人夢職人」。100名を超える学生や社会人のボランティアスタッフが登録し、活動している非...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2018年4月号 vol.62

子どもの体験は、誰が担っていくべきなのか?-家庭の負担頼みで、長期休みや連休に広がる体験格差

2018年度から学校の休業日の分散化する「キッズウィーク」がスタートします。文部科学省は、「キッズウィーク」の実施に向けて、学校教育法施行令の一部を改正し、大学を除く公立の学...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2017年08月号 vol.54

【参加者募集】小学生・中学生対象「2017年夏休み子どもサマーキャンプ」全13コース!~この夏一番の思い出ができる旅へ

「関西教育旅行」株式会社(兵庫県西宮市)が主催し、特定非営利活動法人「夢職人」(東京都江東区)が運営事務局を担っている「ネイチャーキッズ」では、小学生・中学生対象とした201...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2017年06月号 vol.52

学校教員だけで専門外の野外活動・自然体験を行ってはいけない-安全管理体制や知識・技術も不十分な実態

学校教育の課外活動として、栃木県那須町で登山の訓練を行っていた高校生たちが雪崩に巻き込まれて8名が亡くなるという大変に痛ましい事故が起こりました。事故後、引率した教員の安全管...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2017年04月号 vol.50

【イベント】あすのば合宿ミーティング2016-高校生・大学生の参加者募集!参加無料のサマーキャンプ(3泊4日)

日本国内の「子どもの貧困」に関する政策提言や子どもたちへの直接支援を行っている公益財団法人「あすのば」では、2016年8月16日(火)~19日(金) の3泊4日の期間で、群馬...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2016年07月号 vol.41

夏休みを重要な学びの時間に!子ども向けキャンプのすすめ-夏休みだからこそできる長期キャンプの魅力は?

夏休みといえばサマーキャンプ!親元を離れて集団生活をしながら、様々な自然体験活動を行う子どもキャンプが全国各地で行われています。以前の記事(自然体験活動にどんな教育効果がある...

  いいね!   uedanna uedanna from 2016年6月号 vol.40

都会を出て地方に移住し、夢見た若者たちが活躍している理由-過疎化・少子高齢化の村へ移住した若者に聞く

東京一極集中を是正し、地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力を上げることを目的とした一連の「地方創生」の政策について、各自治体でも様々な取り組みがはじまっています。一方...

  いいね!   shinshi_tooru shinshi_tooru from 2016年4月号 vol.38

命の大切を「知る」よりも本物の体験から「実感する」-子どもが生き物の屠殺や解体に立ち会うということ

今春に小中学生と対象とした「牧場暮らしキャンプ」を北海道で実施しました。馬と共に暮らす、牧場暮らし・牧場づくり体験に特化した一風変わったキャンプです。8日間かけて、馬をはじめ...

  いいね!   uedanna uedanna from 2015年6月号 vol.28

夏休みを重要な学びの時間に!子ども向けキャンプのすすめ-自然体験活動にどんな教育効果があるのか?

もうすぐ夏休みです。現代の子ども達は、いろいろな大人の都合に巻き込まれて、ただでさえ少ない子どもたちの自由な時間がますます少なくなりつつあるようです。普段とは違う場と機会を創...

  いいね!   uedanna uedanna from 2014年7月号 vol.17

異常と日常の間で今も見えない不安に悩み・葛藤している!-福島の親と子どもの複雑な胸のうちとは?

(活動場所での集合。夏場でもマスクをしている。) ◆ 福島で生き続けることを選択するということ東日本大震災が発生した後、福島第一原発事故の影響で屋外活動が制限されている福島...

  いいね!   shinshi_tooru shinshi_tooru from 2014年3月号 vol.13

子どもの自然体験活動コーディネーターという仕事-子どもと自然と地域をつないで新しい学びを生み出す!

◆お互いになくてはならない「パートナーとしての馬」という視点まずは、馬。「おおーい、離れろよー」と大きな声が森の中に響き渡ります。子どもたちは、固唾を飲んでその方向を凝視しま...

  いいね!   uedanna uedanna from 2014年2月号 vol.12

市民が力を合わせ、将来の福島を担う若者を育成する!-2013年度ふくしまキッズ夏季林間学校活動報告会

「ふくしまキッズ」という取り組みをご存知でしょうか?東京電力・福島第一原子力発電所の事故により、高い放射線量にさらされ続けている福島。子どもたちは、屋外活動を制限されたり、こ...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2013年10月号 vol.8

「イマジネーション」こそ、「生きる力」である-この夏に福島の子どもたちが教えてくれたこと

◆ 「行かされている」状態で北海道を旅するということ「ふくしまキッズ」という活動をお引き受けし、北海道内各地の皆さんと協力しながら活動を展開しています。今年の夏は、実に300...

  いいね!   uedanna uedanna from 2013年09月号 vol.7

バックナンバー(もっと見る)

2018年11月号 vol.69

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年10月号 vol.68

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年9月号 vol.67

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...