ひみつ基地

2019年5月号 vol.75

「教育改革」に関連する記事

現場の納得感が第一!学校教員・教師の働き方改革(後編)~先生のやりがいまで削減しない!持続可能な改善とは?

学校教員・教師の長時間労働が明らかになり、各自治体でも具体的な対策に乗り出しています。一方で、現場の先生からは「具体的にどうしたら良いかわからない」「一方的な時間削減は逆効果...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2019年5月号 vol.75

現場の納得感が第一!学校教員・教師の働き方改革(前編)~横浜市のリアルなデータから読み解く現状とは?

近年、学校教員・教師の過剰な長時間労働が報じられるようになり、文部科学省や各教育委員会でも勤務実態調査が行われ、具体的な対策が検討されるようになりました。今まさに全国で試行錯...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2019年4月号 vol.74

学校教員・教師の働き方改革を進めるために必要なこと~学校が何をしてくれるかではなく、学校のために何ができるか

教育現場における長時間労働の改善を目指すため、文部科学省は平成29年度に教育委員会へ「学校業務改善アドバイザー」の派遣を行いました。(平成29年度学校業務改善アドバイザー派遣...

  いいね!   takayuki_kawashima takayuki_kawashima from 2018年5月号 vol.63

日本の2020年「大学入試改革」はどうなるのか?③-「選別のためのテスト」から「育成のためのテスト」へ

「2020年に大学入試が変わる」という話は、大きく報じられ、教育関係者のみならず多くの方が注目している話題です。では、具体的に大学入試はどのように変わっていくのでしょうか?第...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2016年07月号 vol.41

日本の2020年「大学入試改革」はどうなるのか?②-なぜ、試験制度が大きな社会的価値を持つようになったのか?

「2020年に大学入試が変わる」という話は、大きく報じられ、教育関係者のみならず多くの方が注目している話題です。では、具体的に大学入試はどのように変わっていくのでしょうか?第...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2016年6月号 vol.40

日本の2020年「大学入試改革」はどうなるのか?①-センター試験はなくなるが、改革は中途半端に終わる可能性も

「2020年に大学入試が変わる」という話は、大きく報じられ、教育関係者のみならず多くの方が注目している話題です。では、具体的に大学入試はどのように変わっていくのでしょうか?こ...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2016年5月号 vol.39

なぜ、日本の教育改革は遅々として進まないのか?-変化の激しい時代にいつまでも時代遅れの教育が続く理由

教育は、農業や林業のようなもの。ひとつの方針をきめたら、その方針でしっかりと1年間の教育を実践し、そこで生まれた成長を、年輪を積み重ねるがごとく、年をおうごとに促進していくこ...

  いいね!   ymenjo ymenjo from 2014年12月号 vol.22

バックナンバー(もっと見る)

2019年4月号 vol.74

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年3月号 vol.73

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年2月号 vol.72

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...