ひみつ基地

2017年07月号 vol.53

「情操教育」に関連する記事

【参加者募集】小学生・中学生対象「2017年夏休み子どもサマーキャンプ」全13コース!~この夏一番の思い出ができる旅へ

「関西教育旅行」株式会社(兵庫県西宮市)が主催し、特定非営利活動法人「夢職人」(東京都江東区)が運営事務局を担っている「ネイチャーキッズ」では、小学生・中学生対象とした201...

  Like   editorial_desk editorial_desk from 2017年06月号 vol.52

学校教員だけで専門外の野外活動・自然体験を行ってはいけない-安全管理体制や知識・技術も不十分な実態

学校教育の課外活動として、栃木県那須町で登山の訓練を行っていた高校生たちが雪崩に巻き込まれて8名が亡くなるという大変に痛ましい事故が起こりました。事故後、引率した教員の安全管...

  Like   editorial_desk editorial_desk from 2017年04月号 vol.50

夏休みを重要な学びの時間に!子ども向けキャンプのすすめ-夏休みだからこそできる長期キャンプの魅力は?

夏休みといえばサマーキャンプ!親元を離れて集団生活をしながら、様々な自然体験活動を行う子どもキャンプが全国各地で行われています。以前の記事(自然体験活動にどんな教育効果がある...

  Like   uedanna uedanna from 2016年6月号 vol.40

「レッジョ・エミリア・アプローチ」世界で最も革新的な幼児教育④ -「何が子どもにとって最良の学びなのか」の問いかけと実践の蓄積

イタリアの地方都市での実践、レッジョ・エミリア・アプローチ(以下レッジョ・アプローチ)が世界的に注目される所以は何によるものでしょうか。シリーズ最後の今回では「対話」をキーワ...

  Like   editorial_desk editorial_desk from 2016年3月号 vol.37

「レッジョ・エミリア・アプローチ」世界で最も革新的な幼児教育③-レッジョ・アプローチを支える地域の施設と仕組み

子どもの創造活動を実施する時、材料は子どもたちの創造性を喚起する優れた媒介となります。限られた予算の中から何を材料に活動するかは現場の先生が頭を悩ますところですが、子どもたち...

  Like   editorial_desk editorial_desk from 2016年2月号 vol.36

「レッジョ・エミリア・アプローチ」世界で最も革新的な幼児教育②-都市空間から共に学ぶ創造的な空間へ

モンテッソーリ教育、シュタイナー教育、フレネ教育、イエナプラン教育、オルタナティブ教育など教育アプローチの名称は様々ありますが、レッジョ・エミリア・アプローチ(以下、レッジョ...

  Like   editorial_desk editorial_desk from 2016年1月号 vol.35

「レッジョ・エミリア・アプローチ」世界で最も革新的な幼児教育①-アートの創造的経験によって子どもの可能性を引き出す

イタリア内でも豊潤な地域として知られるエミリア・ロマーニャ州に、世界中の教育関係者がこぞって集うレッジョ・エミリア(Reggio Emilia)という人口16万人の小都市が存...

  Like   editorial_desk editorial_desk from 2015年12月号 vol.34

命の大切を「知る」よりも本物の体験から「実感する」-子どもが生き物の屠殺や解体に立ち会うということ

今春に小中学生と対象とした「牧場暮らしキャンプ」を北海道で実施しました。馬と共に暮らす、牧場暮らし・牧場づくり体験に特化した一風変わったキャンプです。8日間かけて、馬をはじめ...

  Like   uedanna uedanna from 2015年6月号 vol.28

佐世保高1女子生徒殺害事件が映し出す日本の子ども支援の問題-親や学校に責任を押し付けても何も変わらない

2014年7月26日に長崎県佐世保市で、高校一年生の女子生徒が友人を殺害し、被害者の遺体を切断するという耳を疑うような大変に痛ましい事件が起こりました。この事件は、各メディア...

  Like   editorial_desk editorial_desk from 2014年8月号 vol.18

夏休みを重要な学びの時間に!子ども向けキャンプのすすめ-自然体験活動にどんな教育効果があるのか?

もうすぐ夏休みです。現代の子ども達は、いろいろな大人の都合に巻き込まれて、ただでさえ少ない子どもたちの自由な時間がますます少なくなりつつあるようです。普段とは違う場と機会を創...

  Like   uedanna uedanna from 2014年7月号 vol.17

学校で子どもが掃除するのは当たり前ではない-世界の教育をリードする日本の学校清掃

◆ 学校清掃を児童・生徒が行う国の方が少数!?日本の小、中、高等学校で毎日のように行われる「生徒(児童)による学校清掃」は、長年実践され日本文化に深く浸透しています。この私た...

  Like   kimi kimi from 2014年6月号 vol.16

異常と日常の間で今も見えない不安に悩み・葛藤している!-福島の親と子どもの複雑な胸のうちとは?

(活動場所での集合。夏場でもマスクをしている。) ◆ 福島で生き続けることを選択するということ東日本大震災が発生した後、福島第一原発事故の影響で屋外活動が制限されている福島...

  Like   shinshi_tooru shinshi_tooru from 2014年3月号 vol.13

子どもの自然体験活動コーディネーターという仕事-子どもと自然と地域をつないで新しい学びを生み出す!

◆お互いになくてはならない「パートナーとしての馬」という視点まずは、馬。「おおーい、離れろよー」と大きな声が森の中に響き渡ります。子どもたちは、固唾を飲んでその方向を凝視しま...

  Like   uedanna uedanna from 2014年2月号 vol.12

「イマジネーション」こそ、「生きる力」である-この夏に福島の子どもたちが教えてくれたこと

◆ 「行かされている」状態で北海道を旅するということ「ふくしまキッズ」という活動をお引き受けし、北海道内各地の皆さんと協力しながら活動を展開しています。今年の夏は、実に300...

  Like   uedanna uedanna from 2013年09月号 vol.7

森とオジサンが子どもたちに残してくれたこと

◆ 4つの「ど」が教えてくれた子どもの可能性北海道のある森で、子ども達と森のお手入れの活動をしています。枯れた木を引っ張り出したり、のこぎりで切って薪にしたり、枝を払ったり、...

  Like   uedanna uedanna from 2013年06月号 vol.4

子どもの人生を左右する初めての経験

子どもたちは、たくさんの初めての経験を積み重ね、大人へと成長していきます。自分の子どもに限らず、できなかったことができるようになるということは、周囲の大人にとっても大変に嬉し...

  Like   editorial_desk editorial_desk from 2013年04月号 vol.2

バックナンバー(もっと見る)

2017年06月号 vol.52

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年05月号 vol.51

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年04月号 vol.50

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...