ひみつ基地

2017年04月号 vol.50

「就労」に関連する記事

様々な理由から働くことにつまずいた若者の就職を支援する-企業とNPOが連携し、若者の再チャレンジを支える

政府が公表している平成27年版子ども・若者白書によれば、15~34歳の若年無業者は56万人、フリーターは179万人とされています。「無職や非正規の状態を脱して、正社員として就...

  Like   editorial_desk  editorial_desk from 2016年11月号 vol.45

ニートやフリーター、ブランクのある若者の就職活動対策-20代・30代の壁!正社員を目指してまずやるべきこと

若者の就職支援の現場では、ニートから脱して仕事に就きたい、そろそろフリーターをやめて正社員になって働きたい、以前の仕事を辞めてから数年のブランクがあるけどまた働きはじめたいな...

  Like   editorial_desk  editorial_desk from 2016年09月号 vol.43

【参加者募集】正社員を目指すニートやフリーター、既卒者のための就職支援プログラム「BizAcademy2016」

短期間で就職活動に必要な応募書類・面接対策を行い、ITに関する専門的な知識や技術の基礎を学べる。 BizAcademy2016は、正社員を目指す無職・非正規雇用の満18歳~...

  Like   editorial_desk  editorial_desk from 2016年09月号 vol.43

ニートやフリーター、第二新卒・既卒から正社員を目指す就職対策-就職相談の活用方法と業種・職種に対する考え方

「ニートやフリーターから脱して、正社員として就職したい!」「職歴のなしの第二新卒・既卒から正社員の就職を目指したい!」「仕事を辞めてからしばらくブランクがあるけど、また正社員...

  Like   editorial_desk  editorial_desk from 2016年5月号 vol.39

ニートやフリーター、第二新卒・既卒から正社員になる就職活動の方法-ハローワークよりもまず先に行くべき場所とは?

「ニートやフリーターから脱し、正社員として就職したい」「職歴なしの第二新卒・既卒から正社員の就職を目指したい」「仕事を辞めてからブランクがあるけど、また正社員として働きたい」...

  Like   editorial_desk  editorial_desk from 2016年1月号 vol.35

希望の就職をするために大学生活でやっておくべき一つのこと-大学生が誤解している企業の求める能力とは?

来期の新卒の就職活動の時期が右往左往しているニュースが報じられ、スケジュールに学生側も企業側も少なからず混乱していると思います。そのような様子を見て、就職活動に対して不安を感...

  Like   shoko_kawahara  shoko_kawahara from 2015年12月号 vol.34

様々な理由から「働く」につまづいた若者の就労を支援する-最先端のIT技術や知識を学び、就労機会を広げる

学歴や職歴に関わらず無業や非正規状態にある若者の就労支援を行っている「BizAcademy」というプログラムがあります。「BizAcademy」は、株式会社セールスフォース・...

  Like   editorial_desk  editorial_desk from 2015年11月号 vol.33

【参加者募集】学歴・就業経験不問!セールスフォース・ドットコムの若者就労支援プログラム「BizAcademy」

BizAcademyは、現在、正規雇用として就業していない(無職・非正規雇用)満18歳~34歳の若者に対して、明確なキャリアビジョンを持ち自立することを目的とした12日間の就...

  Like   editorial_desk  editorial_desk from 2015年7月号 vol.29

引きこもり、ニート、うつ病…社会的困難を抱える「若者」を総合的に支援する政策が、今求められている

ビッグイシュー・オンライン編集部より:2014年12月14日(日)、東京・新宿の損害保険ジャパン日本興亜本社ビルにて、「若者政策提案書・案」の発表シンポジウムが開催され、若者...

  Like   ikedahayato  ikedahayato from 2015年5月号 vol.27

「子ども向け緊急避難シェルター」を運営する高橋温さんが語る。「帰る家がない若者たち」が抱えている困難のリアル

ビッグイシュー・オンライン編集部より:2014年12月14日(日)に開催された「若者政策提案書・案」の発表シンポジウムがより、高橋温さんによる講演の内容をご紹介いたします。 ...

  Like   ikedahayato  ikedahayato from 2015年5月号 vol.27

少年院を出所した子どもは、就職できるか否かで「再犯率」が大きく変わる。若者支援における「出口」の重要性

ビッグイシュー・オンライン編集部より:2014年12月14日(日)に開催された「若者政策提案書・案」の発表シンポジウムがより、津富宏さんによる講演の内容をご紹介いたします。▼...

  Like   ikedahayato  ikedahayato from 2015年5月号 vol.27

日本は何でも「親任せ」。国が子どもを育てていない。子ども・若者が困窮しない社会を作るために、何が必要なのか

ビッグイシュー・オンライン編集部より:2014年12月14日(日)、東京・新宿の損害保険ジャパン日本興亜本社ビルにて、「若者政策提案書・案」の発表シンポジウムが開催され、若者...

  Like   ikedahayato  ikedahayato from 2015年5月号 vol.27

「世界で最も革新的な企業」が行う若者の就労支援プログラムとは?-企業の社会貢献活動・CSRの新しいあり方

「将来は、IT企業でアプリケーションの開発に携わってみたいと思っています。」-トレーニングははじまる前とは、全く違う姿の8名の参加者たち。14日間のプログラムでここまでの変化...

  Like   editorial_desk  editorial_desk from 2014年9月号 vol.19

【参加者募集】セールスフォースドットコムの就労支援プログラム「BizAcademy」-IT業界への就労を目指す若者を募集します!

先駆的な社会貢献(CSR)の取組みでも知られ、米Forbes誌にも3年連続「世界で最も革新的な企業」の第1位に選ばれているセールスフォース・ドットコム社が新たにIT業界への就...

  Like   editorial_desk  editorial_desk from 2014年7月号 vol.17

「経済・希望格差を超えるための教育環境」の作り方-若者一人を無業者にすれば、最低4,600万円以上の損失!

◆ 「どうせ僕は将来ニート」 先生「うちの学区には、コウソウがあるんです。」 私「コウソウ?それはなんですか?」 2005年に私がキャリア教育コーディネーターとしてある...

  Like   ymenjo  ymenjo from 2014年2月号 vol.12

日本の若者の不安定就労問題が深刻化し続ける理由-場当たり的な「就労対策」ばかりでは未来はない

◆高卒の3人に2人、大卒の2人に1人が就労問題に直面!今、若者の不安定就労の問題は深刻だ。内閣府発行の『子ども・若者白書平成25年版(平成25年6月)』によると、平成25年3...

  Like   ymenjo  ymenjo from 2014年1月号 vol.11

日本と世界から見る子どもが将来なりたい職業とは?-子どもの憧れの職業が映し出す大人の姿

◆ アメリカで人気職業の消防士手元に残るボロボロになった一枚の写真。90年代、アメリカの大学に在籍し野外教育を学んでいた僕は、人々を野外に連れ出す機会がとても多くなりました。...

  Like   kimi  kimi from 2014年1月号 vol.11

「グローバル人材」って一体何だろうか?②-グローバルだけなく、日本のローカルでも必要とされている!

◆ 当事者になれない苦しさ前回は、学生がより特別であろうとして海外にも経験の場を求めている可能性があるという話をしました。今回は、海外で活動をする中で何が得られるかという話を...

  Like   makoto_m  makoto_m from 2014年1月号 vol.11

夜の街の子ども達に耳を傾けてわかったこと-小さな相談窓口ができることで広がる可能性

◆ 悪い印象はイメージ先行の産物 「数人でたむろし、髪は茶色や金色で、語感の荒い言葉をつかって大声で会話する。たばこを吸い、唾を吐き、ごみはポイ捨てしていく。」みなさんは、...

  Like   yamaguchi_masashi  yamaguchi_masashi from 2013年12月号 vol.10

「グローバル人材」って一体何だろうか?①-就職するために“特別でないといけない”

◆ タフなグローバル人材前回の記事では、昨今一人ひとりが考えて自分らしさを求める流れがあり、ストレーターではなく、よりタフな職業選択ができる大学生、社会人に多くの人がなろうと...

  Like   makoto_m  makoto_m from 2013年12月号 vol.10

学歴だけで子どもは「自立」できない-「実社会」というジャングルで、疑似ではなく「本物」の体験をする

◆ 「お前、使えない奴だな!」一流大学を卒業し、超有名企業に入社。社内のペーパーテストの成績も優秀で、配属先は頭脳集団の「経営企画部」。入社4年目には、MBA(経営学)を取る...

  Like   takayuki_kawashima  takayuki_kawashima from 2013年10月号 vol.8

どうやって子どもの心に火をつけるのか?-子どもの成長の原動力を生み出す3つの経験

◆ なぜ、その仕事に就いたのですか? 会計士として活躍しているH氏に、「なぜ、その仕事を選んだのですか?」と聞いたら、「野球をやっていたため」との回答。会計士と野球、結びつ...

  Like   takayuki_kawashima  takayuki_kawashima from 2013年09月号 vol.7

子どもが「自立する」に必要な3つのこと-「過干渉」な親や先生の下で育った子どもの危険

◆ 口を空けてエサを待つペンギン ある小学校での話。 運動会の徒競走で、2等賞になった児童の父親が、「今のはミスジャッジで、我が子が1等賞のはずだ」と、教師にイチャモンを...

  Like   takayuki_kawashima  takayuki_kawashima from 2013年08月号 vol.6

自立できない子ども?自立させない大人?-なぜ、子ども・若者の現状がこれほど深刻なのか

◆ 日本(人)と仕事をする意味が無い 私は、総合商社系の上場会社で社長をしている関係から、外国人と接する機会が多くありますが、「外国人の日本(人)への期待が年々低下している...

  Like   takayuki_kawashima  takayuki_kawashima from 2013年07月号 vol.5

このままで未来の仕事に就けますか?-キャリア教育からグローバル教育へ

はじめまして、NPO法人cobonの松浦です。つい先日、地下鉄に乗っていると、「その国には英語だけが足りない」というキャッチコピーがある英会話学校の車内ポスターを見かけました...

  Like   makoto_m  makoto_m from 2013年05月号 vol.3

バックナンバー(もっと見る)

2017年03月号 vol.49

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...

2017年2月号 vol.48

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...

2017年1月号 vol.47

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...