ひみつ基地

2020年2月号 vol.84

「就労」に関連する記事

「経済・希望格差を超えるための教育環境」の作り方-若者一人を無業者にすれば、最低4,600万円以上の損失!

「どうせ僕は将来ニート」 先生「うちの学区には、コウソウがあるんです。」 私「コウソウ?それはなんですか?」 2005年に私がキャリア教育コーディネーターとしてある地方...

  いいね!   ymenjo ymenjo from 2014年2月号 vol.12

日本の若者の不安定就労問題が深刻化し続ける理由-場当たり的な「就労対策」ばかりでは未来はない

高卒の3人に2人、大卒の2人に1人が就労問題に直面!今、若者の不安定就労の問題は深刻だ。内閣府発行の『子ども・若者白書平成25年版(平成25年6月)』によると、平成25年3月...

  いいね!   ymenjo ymenjo from 2014年1月号 vol.11

日本と世界から見る子どもが将来なりたい職業とは?-子どもの憧れの職業が映し出す大人の姿

アメリカで人気職業の消防士手元に残るボロボロになった一枚の写真。90年代、アメリカの大学に在籍し野外教育を学んでいた僕は、人々を野外に連れ出す機会がとても多くなりました。少し...

  いいね!   kimi kimi from 2014年1月号 vol.11

「グローバル人材」って一体何だろうか?②-グローバルだけなく、日本のローカルでも必要とされている!

当事者になれない苦しさ前回は、学生がより特別であろうとして海外にも経験の場を求めている可能性があるという話をしました。今回は、海外で活動をする中で何が得られるかという話をして...

  いいね!   makoto_m makoto_m from 2014年1月号 vol.11

夜の街の子ども達に耳を傾けてわかったこと-小さな相談窓口ができることで広がる可能性

悪い印象はイメージ先行の産物「数人でたむろし、髪は茶色や金色で、語感の荒い言葉をつかって大声で会話する。たばこを吸い、唾を吐き、ごみはポイ捨てしていく。」みなさんは、夜のコン...

  いいね!   yamaguchi_masashi yamaguchi_masashi from 2013年12月号 vol.10

「グローバル人材」って一体何だろうか?①-就職するために“特別でないといけない”

タフなグローバル人材前回の記事では、昨今一人ひとりが考えて自分らしさを求める流れがあり、ストレーターではなく、よりタフな職業選択ができる大学生、社会人に多くの人がなろうとして...

  いいね!   makoto_m makoto_m from 2013年12月号 vol.10

学歴だけで子どもは「自立」できない-「実社会」というジャングルで、疑似ではなく「本物」の体験をする

「お前、使えない奴だな!」一流大学を卒業し、超有名企業に入社。社内のペーパーテストの成績も優秀で、配属先は頭脳集団の「経営企画部」。入社4年目には、MBA(経営学)を取るため...

  いいね!   takayuki_kawashima takayuki_kawashima from 2013年10月号 vol.8

どうやって子どもの心に火をつけるのか?-子どもの成長の原動力を生み出す3つの経験

なぜ、その仕事に就いたのですか? 会計士として活躍しているH氏に、「なぜ、その仕事を選んだのですか?」と聞いたら、「野球をやっていたため」との回答。会計士と野球、結びつきま...

  いいね!   takayuki_kawashima takayuki_kawashima from 2013年09月号 vol.7

子どもが「自立する」に必要な3つのこと-「過干渉」な親や先生の下で育った子どもの危険

口を空けてエサを待つペンギン ある小学校での話。 運動会の徒競走で、2等賞になった児童の父親が、「今のはミスジャッジで、我が子が1等賞のはずだ」と、教師にイチャモンを。 ...

  いいね!   takayuki_kawashima takayuki_kawashima from 2013年08月号 vol.6

自立できない子ども?自立させない大人?-なぜ、子ども・若者の現状がこれほど深刻なのか

日本(人)と仕事をする意味が無い 私は、総合商社系の上場会社で社長をしている関係から、外国人と接する機会が多くありますが、「外国人の日本(人)への期待が年々低下している」と...

  いいね!   takayuki_kawashima takayuki_kawashima from 2013年07月号 vol.5

このままで未来の仕事に就けますか?-キャリア教育からグローバル教育へ

はじめまして、NPO法人cobonの松浦です。つい先日、地下鉄に乗っていると、「その国には英語だけが足りない」というキャッチコピーがある英会話学校の車内ポスターを見かけました...

  いいね!   makoto_m makoto_m from 2013年05月号 vol.3

バックナンバー(もっと見る)

2020年1月号 vol.83

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年12月号 vol.82

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年11月号 vol.81

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...