ひみつ基地

2019年3月号 vol.73

「今井悠介」に関連する記事

なぜ、教育支援にも効果の検証が必要なのか?~エビデンスだけで判断しようとすることは危険!

教育支援には、様々な手段や方法があります。一般的に「教育支援=良いこと」として受け止められていることもあり、「それって本当に効果があったのか」という評価がないがしろにされてい...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2019年1月号 vol.71

渋谷スタディクーポンのブラザー・シスター養成研修に行ってきた!-面談を通じて子どもたちの可能性を引き出す!

「渋谷スタディクーポン」は、東京都渋谷区内の経済的な理由で塾に通えない高校受験生・中学3年生に対して、登録された学習塾等で利用できる20万円分のクーポンを2018年4月1日よ...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2018年3月号 vol.61

塾に行かなくても勉強できるんじゃないんですか?-「スタディクーポン」について代表者に聞いてみた!

2017年10月より経済的な理由で塾に通えない高校受験生・中学3年生に対して、寄付金を原資にしたクーポンを提供する「スタディクーポン」という新たな試みがスタートしました。塾・...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2017年11月号 vol.57

「子どもの貧困」を一括りで考えるのは大きな間違い!-日本の目に見えない「子どもの貧困」の全体像とは?

「子どもの貧困」について様々なメディアで取り上げられ、「子どもの貧困率が16.3%」「日本の子どもの6人の1人が貧困」という話題が多く報じられています。しかしながら、「実感が...

  いいね!   yusuke_imai yusuke_imai from 2016年10月号 vol.44

調査データから被災地の「子どもの貧困」や教育格差の実態を明らかに-東日本大震災被災地・子ども教育白書2015

2016年3月11日で東日本大震災の発生から5年目を迎えます。震災直後から官民問わず多くの支援が入りました。時間の経過とともに、必要としている支援内容や方法も次々と変わってき...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2015年12月号 vol.34

【イベント】「東日本大震災被災地・子ども教育白書」発刊記念イベント-東北被災家庭2,338件のデータからみる東北の未来

この度、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンは、被災家庭2,338件のデータを元にした「東日本大震災被災地・子ども教育白書」を発刊することになりました。この白書では、本年...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2015年11月号 vol.33

所得格差による子どもの教育格差を埋める新手法「学校外教育バウチャー」の仕組みと特徴とは?(後編)

「子どもの貧困対策法」が施行されてから、「子どもの貧困」の問題について触れた記事を目にする機会が圧倒的に増えました。これまでの記事を通じて、この問題についてご紹介してきました...

  いいね!   yusuke_imai yusuke_imai from 2015年10月号 vol.32

震災による家庭の経済状況の悪化が子どもの教育・希望格差に-「被災地・子ども教育調査」中間結果レポート

2015年2月23日、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社東京本社にて「被災地・子ども教育調査」報告セミナーが開催されました。セミナーでは、東日本大震災で被災した子ど...

  いいね!   yusuke_imai yusuke_imai from 2015年3月号 vol.25

所得格差による子どもの教育格差を埋める新手法「学校外教育バウチャー」の仕組みと特徴とは?(前編)

「子どもの貧困対策法」が施行されてから、「子どもの貧困」の問題について触れた記事を目にする機会が圧倒的に増えました。これまでの記事を通じて、この問題についてご紹介してきました...

  いいね!   yusuke_imai yusuke_imai from 2015年2月号 vol.24

【イベント】「被災地・子ども教育調査」報告セミナー ~東日本大震災被災地の「子どもの貧困」「教育格差」の実態が浮き彫りに

東日本大震災から4年が経とうとしています。私たちは、震災で被災した子どもたちの状況を正確に把握し、より適切な支援を届けるために、支援対象の被災家庭2,338件に対してアンケー...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2015年2月号 vol.24

子どもの貧困を「親の自己責任」で片づけるのは悪化の一途-過去最悪と聞いても実感が持てないアナタへ

子どもの貧困率16.3%―。今年の7月、厚生労働省が3年ぶりに日本の子どもの貧困率を更新し、過去最悪となったことを発表しました。これは、様々なメディアでも報道されているので、...

  いいね!   yusuke_imai yusuke_imai from 2014年8月号 vol.18

【まとめ】オススメ!2014年春の子どもや若者の支援に関する「教育・福祉」関連イベント!

2014年4月~5月に開催される予定の子どもや若者の支援に関連する「教育・福祉」のイベントをまとめました!すでに子どもや若者の教育・福祉に関するお仕事をされている方、目指して...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2014年4月号 vol.14

阪神淡路大震災が警告する今子ども達に迫る危機とは?-震災によって表面化した子どもをめぐる潜在的課題

東日本大震災から3年。震災によって子どもたちの教育環境は一変しました。言うまでもなく、子どもの成長は、本人の生まれ持った能力以上に、その環境が大きく影響を及ぼします。子どもた...

  いいね!   yusuke_imai yusuke_imai from 2014年3月号 vol.13

「子どもの貧困」問題を解決する3つの政策手段-「子どもの貧困対策法」を絵に描いた餅にしてはいけない!

「子どもの貧困」は、アナタ自身の将来に関係します!「子どもの貧困」と聞いて、「自分には関係ない」「あまりピンと来ない」と思われた方に知ってもらいたいことがあります。この問題は...

  いいね!   yusuke_imai yusuke_imai from 2014年2月号 vol.12

【イベント】東日本大震災が“始まってから”三年。被災地の子どもの今。-問題が複雑化・深刻化していく子ども達をどう支援するか?

現在、お申込キャンセル分の参加申込を受付けております!席数に限りがありますので、参加をご希望の方はお早めに!●不登校や引きこもり、児童虐待、子どもの貧困と山積し続ける課題━━...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2014年2月号 vol.12

「日本に貧困の子どもなんて本当にいるのか?」と思っているアナタにまず知って欲しいこと-相対的貧困と絶対的貧困という2つの定義

2013年6月に「子どもの貧困対策法」が制定されて以降、「子どもの貧困」に関する話題は増えたように思います。「日本の子どもの貧困率は15.7%。約6人に1人が貧困」等といった...

  いいね!   yusuke_imai yusuke_imai from 2013年12月号 vol.10

【イベント】子どもの貧困問題の解決に有効的な手法とは何か?-学校外教育バウチャーと学習・生活支援モデルで挑む!

●日本の子どもの約6人に1人が貧困状態!?拡大する教育格差!━━━━◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ウェブマガジン「ひみつ基地」会議 Vol.1】 ...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2013年11月号 vol.9

今なお続く被災家庭からの悲痛な声-被災地で急速に広がっている「子どもの貧困」とは?

東日本大震災から2年半が経過しました。今回は、被災地のことについて書きたいと思います。私たちチャンス・フォー・チルドレン(CFC)は、阪神・淡路大震災の被災児童支援を原点とす...

  いいね!   yusuke_imai yusuke_imai from 2013年09月号 vol.7

日本の子どもの教育費の現状②-教育格差の原因は学校外教育にある

今回の記事では、「これからの社会を担う子どもの教育とお金のあり方とは?~すべての子どもたちが必要な教育を受けられるために~」と題して、2013年6月29日に東京都港区の日本財...

  いいね!   yusuke_imai yusuke_imai from 2013年08月号 vol.6

日本の子どもの教育費の現状①-教育費は親が負担すべきが当たり前

今回の記事では、「これからの社会を担う子どもの教育とお金のあり方とは?~すべての子どもたちが必要な教育を受けられるために~」と題して、2013年6月29日に東京都港区の日本財...

  いいね!   yusuke_imai yusuke_imai from 2013年07月号 vol.5

バックナンバー(もっと見る)

2019年2月号 vol.72

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年1月号 vol.71

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年12月号 vol.70

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...