ひみつ基地

2018年10月号 vol.68

「藤樫亮二」に関連する記事

命令や賞罰ではない!子どもが主人公のしつけの考え方~子どもの自主性・自発性を大切するしつけとは?

改めてしつけについて考えると、世の中には、子どものしつけに関する本や情報が氾濫していることに気がつかされます。子育ての正解は「これである!」という印象のタイトルやアドバイスが...

  いいね!   Ryoji_Fujikashi Ryoji_Fujikashi from 2018年8月号 vol.66

子どものイヤイヤ期に寄り添うために、トコトン大切にしたい4つのこと-その場しのぎにならない接し方を考える

幼稚園で子育て支援活動をしていると、子どものイヤイヤに悩んでいるお母さんにたくさん出会います。2歳頃から始まるイヤイヤ期。親の立場から見ると「魔の2歳」でも、子どもにとっては...

  いいね!   Ryoji_Fujikashi Ryoji_Fujikashi from 2016年12月号 vol.46

子どもにとって最も効果的な教師のリーダーシップとは?-クラス・学級集団の状況に応じて関わり方を変える

桜咲く4月、また新しいクラス・集団との出会いの時です。これまで「居心地のよい集団づくり」について、アドベンチャー教育プログラムのファシリテーターの視点から記事を書いてきました...

  いいね!   Ryoji_Fujikashi Ryoji_Fujikashi from 2016年4月号 vol.38

子どもの仲間同士や親子の対立をちからに変える-お互いの考えを尊重し、意見が違うことを楽しむために

8月下旬、出張帰りの飛行機の中でこの記事を書いています。今回の滞在中、カリフォルニアの広い青空の下、樹齢100年のピーカンの木が風に揺られる音を聞きながら、そこで40年以上暮...

  いいね!   Ryoji_Fujikashi Ryoji_Fujikashi from 2015年09月号 vol.31

【ワークショップ】現場で役立つ!ファシリテーションの基本を学ぶ!-コミュニケーションをデザインし、グループの力を活かす!

子どもの成長を支える様々な役割や立場の人が集まり、スキルアップを目指していくワークショップを開催します!第三回目となる今回は、コミュニケーションをデザインし、グループの力を活...

  いいね!   editorial_desk editorial_desk from 2014年12月号 vol.22

居心地の良い集団づくりのために②-クラスが成長するために、教師・支援者として大切にしたい3つのこと

春、出会いの季節。学校では新しいクラスや先生との出会いがあり、約1ヶ月が過ぎました。この時期は、クラスや学年での「良好な人間関係づくり」を目的としたアドベンチャー教育プログラ...

  いいね!   Ryoji_Fujikashi Ryoji_Fujikashi from 2014年5月号 vol.15

日米の文化の違いから子どもの育ちを考える-メディアが与える情報とどう向き合うべきか?

筆者の専門は「体験教育」。その中でも、アメリカで生まれたプロジェクト・アドベンチャーという野外教育の派生で生まれた教育手法の理念を自身の教育観の基盤としています。そんな筆者が...

  いいね!   Ryoji_Fujikashi Ryoji_Fujikashi from 2013年11月号 vol.9

居心地の良い集団づくりのために今一度考えるべきこと

photo credit:Andres Illumvia photopin "The nail that sticks out gets hammered down” 「出る...

  いいね!   Ryoji_Fujikashi Ryoji_Fujikashi from 2013年06月号 vol.4

バックナンバー(もっと見る)

2018年9月号 vol.67

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年8月号 vol.66

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年7月号 vol.65

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...