ひみつ基地

2017年09月号 vol.55

「川島高之」に関連する記事

日本の最重要な国策は、公的教育財源の倍増!-OECD最下位の公的教育支出、社会保障費のうち子育て関係費は5%

「子どもは社会の宝」という言葉があります。親にとって子どもは宝ですが、社会の未来を築き上げていく担い手となる子ども達は、社会全体の宝でもあります。日本は、少子高齢化の流れの中...

  いいね!   takayuki_kawashima takayuki_kawashima from 2016年07月号 vol.41

思春期の子どもを持つ親に大切にして欲しい4つのこと-思春期の子どもへの接し方・関わり方で親子関係は変わる

子どもが思春期に差し掛かる小学校中学年・高学年から、幼少期の頃の子どもの様子とは変わってきます。それに伴って親子間のコミュニケーションも変化してきます。思春期の真っ只中の中学...

  いいね!   takayuki_kawashima takayuki_kawashima from 2015年6月号 vol.28

過干渉・過保護な親にならないために大切にすべきこと-子どもの自立のために「見張る」ではなく「見守る」

今、大学受験や就活、婚活など様々な場面で介入する過干渉・過保護な親が増えているというような報道をたびたび目にするようになりました。子どものことを心配し、失敗や挫折をさせないよ...

  いいね!   takayuki_kawashima takayuki_kawashima from 2014年6月号 vol.16

学歴だけで子どもは「自立」できない-「実社会」というジャングルで、疑似ではなく「本物」の体験をする

◆ 「お前、使えない奴だな!」一流大学を卒業し、超有名企業に入社。社内のペーパーテストの成績も優秀で、配属先は頭脳集団の「経営企画部」。入社4年目には、MBA(経営学)を取る...

  いいね!   takayuki_kawashima takayuki_kawashima from 2013年10月号 vol.8

どうやって子どもの心に火をつけるのか?-子どもの成長の原動力を生み出す3つの経験

◆ なぜ、その仕事に就いたのですか? 会計士として活躍しているH氏に、「なぜ、その仕事を選んだのですか?」と聞いたら、「野球をやっていたため」との回答。会計士と野球、結びつ...

  いいね!   takayuki_kawashima takayuki_kawashima from 2013年09月号 vol.7

子どもが「自立する」に必要な3つのこと-「過干渉」な親や先生の下で育った子どもの危険

◆ 口を空けてエサを待つペンギン ある小学校での話。 運動会の徒競走で、2等賞になった児童の父親が、「今のはミスジャッジで、我が子が1等賞のはずだ」と、教師にイチャモンを...

  いいね!   takayuki_kawashima takayuki_kawashima from 2013年08月号 vol.6

自立できない子ども?自立させない大人?-なぜ、子ども・若者の現状がこれほど深刻なのか

◆ 日本(人)と仕事をする意味が無い 私は、総合商社系の上場会社で社長をしている関係から、外国人と接する機会が多くありますが、「外国人の日本(人)への期待が年々低下している...

  いいね!   takayuki_kawashima takayuki_kawashima from 2013年07月号 vol.5

バックナンバー(もっと見る)

2017年08月号 vol.54

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年07月号 vol.53

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年06月号 vol.52

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...